出光興産の新電力「出光グリーンパワー」のメリットはなに?

評価:3.64 - 22件の票数
出光興産の新電力「出光グリーンパワー」のメリットはなに?

石油業界で売上高No.2の出光興産の子会社「出光グリーンパワー」と「プレミアムグリーンパワー」について検証していきます。

成人以上の日本人ならほぼ100%の認知度があるグループですが、家庭向け電力販売でガソリンスタンドなどの石油販売と、どのようなセット内容でキャンペーンを実施してくるのか気になるところです。

業界最大手の「JX日鉱日石エネルギー(ENEOSでんき)」や「東燃ゼネラル石油」が比較対象となりますが、よりメリットを与える石油会社はどこなのか?検証していきましょう。

出光グリーンパワーの公式HP内にプレミアムグリーンパワーの会社情報があり、業務はほぼ同じと判断したため一緒に紹介しております。

 

出光グリーンパワーとは?

出光グリーンパワー及びプレミアムグリーンパワーは、2015年10月に小売電気事業者の登録をしており、出光興産の新電力として一般家庭向けに電力の販売を予定しています。

2社とも設立されてからの歴史はまだまだ浅いですが、出光興産グループの力をフル稼働して名だたる企業への電力供給を行っています。ちなみに同グループが石油業界でどのような立ち位置なのか、売上高のグラフを用いてお伝えします。

ガソリンスタンド(石油業界)売上高ランキング

業界トップのJXだけ大きく飛び出してはいますが、出光興産は3位と大きな差をつけて2番手となっています。国内でも有数の大企業であり、日本全体で見ると20位前後の企業です。(JXは5位前後です。)

会社概要(出光グリーンパワー)

社名 出光グリーンパワー株式会社
設立 2009年11月30日
所在地 東京都千代田区丸の内三丁目1番1号
代表者 八田 幹人
資本金 5,000万円(出光興産株式会社 100%出資)
従業員数 不明
事業内容 電力の売買・供給および環境価値の売買
親会社 出光興産株式会社

会社概要(プレミアムグリーンパワー)

社名 プレミアムグリーンパワー株式会社
設立 2010年1月29日
所在地 東京都千代田区丸の内三丁目1番1号
代表者 八田 幹人
資本金 3,000万円(出光興産株式会社 100%出資)
従業員数 不明
事業内容 電力の売買・供給および環境価値の売買
親会社 出光興産株式会社

ご覧の通り、社名以外の情報はほぼ同じです。2社とも「小売電気事業者一覧」に登録されていますが、なぜどちらも登録したのかは定かでありません。

これまでの実績

出光興産グループの実績は割愛させてもらいますが、出光グリーンパワーは様々な企業や公共施設への電力供給を行っている実績があります。その供給実績の一部を以下で紹介しておきます。

▼資生堂学園


化粧品業界大手の資生堂が運営する「資生堂学園」です。出光グリーンパワーの導入した理由は「コスト削減・教育にふさわしいエネルギー」で、事前エネルギーを主体としている事が決め手となったようです。

▼豊島区立施設


東日本大震災以降、豊島区では「電力の供給確保の多様化の検討」を開始し、その中で環境に優しい電力導入という考え方の一致から、小中学校以外の区立施設へ供給することになりました。

高野豊島区長は「出光グリーンパワーが調達するCO2排出係数の少ない電力を導入することにより、CO2排出量を20%以上削減することができる」と記者会見で発言しており、出光グリーンパワーが強みとする自然エネルギーが決め手となったようです。

家庭向けの電力供給は?

2016年4月1日より家庭向けの電力販売を行う予定です。同業他社が参入を表明していることから、間違いなくよりメリットのある料金プラン・キャンペーンの実施をしてくるでしょう。

出光グリーンパワーの強み

出光グリーンパワーのメリット

出光グリーンパワーの最大の強みが全国に展開するサービスステーション(ガソスタ)であることに変わりはありませんが、環境に優しい電力を作っている事など、意外と知られていない強みを紹介します。

電力供給エリア

  • 関東・山梨県・静岡県(富士川以東)・近畿

上記エリアは「小売電気事業者一覧」を参考にしたものですが、全国が対象となるんじゃないの?と思われた方が多いのではないでしょうか。私もその一人ですが、おそらく発電所の問題や関連会社と関係しているのかもしれません。

自社所有の発電所

出光グループが所有する発電所は以下の通りです。

出光グリーンパワー(出光興産)の発電所

風力発電 沿岸部など風の強い地域を中心に、全国で約2,000基、累計で約280万kWの発電量
太陽光発電 門司発電所・姫路発電所・小名浜発電所など1,880kWhの発電量
地熱発電 自然エネルギーの地熱で25,000kWの発電量
水素ステーション 燃料電気自動車向けにCO2排出量ゼロの優れたエネルギー
バイオ燃料 さとうきび・コーン・小麦などを燃料に環境に優しいバイオバイオガソリンとして販売される

上記以外にも石油・ガス・石炭・ウランなどの資源開発をしており、日本のみならず世界中でエネルギー開発が行われています。

出光グリーンパワーのメリット

  • 大規模発電による低料金化
  • ガソリンスタンドとのセット割

まず当記事でも紹介した通り、国内でもトップクラスの発電施設があることから、自社の電力を家庭に供給することが可能となります。一般電気事業者から仕入れるより低コストとなるので、消費者へ販売する料金単価で他より安い料金プランになることが予想されます。

また、全国のサービスステーションで「ガソリン+電気」のセット割が実施され、ガソリン代と電気代を安く抑えたい家庭にはおすすめの新電力となるでしょう。

まとめ

JX、ゼネラルと肩を並べる出光興産グループの新電力を検証しましたが、注目度の高い企業であり乗り換え時の候補に入れておく必要があります。特に多くの家庭で自動車を所有しているでしょうから、ガソリンとどのようなセット割になるのかは期待してまっておきましょう。

石油業界、通信業界、自動車業界など様々な業種が参入しているので、あなたのライフスタイルに合った新電力を選べるよう、他の記事も確認し情報を蓄えておきましょう。

評価:3.64 - 22件の票数

コメントを残す

*