一人暮らしにおすすめの新電力会社の選び方!電気料金が安い10社比較|【電力自由化】新電力の評判・比較まとめ

(未評価)
更新日:2018/11/02

一人暮らしの方にとって、電気代の出費は生活に大きく影響しますよね。

「電力の切り替えって、どうせ一人暮らしには関係ないでしょ」と思っている方!

そんなことはありません!

一人暮らしの方、さらには電気をあまり使わない方でも、電気料金はちゃんとお得になります!

11月限定!業界唯一3,000円のキャッシュバック!
『面倒な手続き不要!電気の切り替えでオススメの窓口』

2018年人気NO.1のLooopでんき

Looopでんきは基本料金が0円なだけではなく、契約期間の縛りや解約金もありません。

基本料金0円ということは、それだけで毎月1,000円近く安くなるということ。

私も毎月1,000円ちかく安くなり満足していますし、正直、2018年11月の時点でLooopでんきよりお得な新電力はないと思います。

1ヶ月試してみてもし安くならなければ元の電力会社に戻せばいい話。(無料で戻せます。)

申し込んだ後にすぐに解約している人の口コミがないのはサービスに満足されている証拠でしょう。

※電気の使用量が増える冬までに切り替えたい方へ

Looopでんきは人気なので切り替え手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても0円で解約できますし、11月限定で下記窓口から申し込むと3,000円のキャッシュバックが受け取れます

検討中の方は11月中の申し込みをおすすめします。

一人暮らしでも電力会社は切り替えられます

電力会社を切り替えられるのは、一軒家だけだと思っている方が多いですが、一人暮らしの方でも切り替える事ができます。

あまりCMなどで宣伝されていないため、まだまだ認知度が低い電力自由化ですが実際に切り替えている方はたくさんいます。

賃貸マンション・アパートでも切り替えられる

私、賃貸に住んでいるんだけど・・・

という方も切り替えられます。

月々の電気料金を安くすることができます。

ただし、マンションやアパートで「一括受電」している場合は切り替えられません。

※一括受電とは、マンションやアパートで一つの電力会社と既に契約している事を言います。

その場合は残念ですが諦めるしかありません。

自分のマンション・アパートが一括受電しているか確認する方法は、大家さんか管理会社に聞くといいでしょう。

ストレートに「うちの建物は電力会社を切り替えられますか?」と聞けば通じると思いますよ。

スマートメーターに変えても敷金は返ってきます

以前、スマートメーターに変えたら敷金が戻ってこなくなることを心配されている方がいました。

結論:スマートメーターと敷金は全く関係ありません。

スマートメーターに変更する工事は無料です。

そもそもスマートメーターはいずれ、全国的に普及する目的で作られています。

データ量を把握して節電を促進するためだとか、いろいろ言われていますが、大きな目的は人件費の削減です。

スマートメーターで、自動的に使用量をデータで送ることにより、現在電気使用量を検診している人の人件費が削減できるということですね。

つまり、新電力に変えても変えなくてもスマートメーターは全部の建物に設置されるので、大家さんに怒られたり、敷金から相殺されるような事はないんです。

一人暮らしにおすすめの電力会社の選び方

月々の使用量を把握する

今、自分がどれくらい電気を使っているのか把握することが大切です。

電気料金が安くなる電力会社を選ぶには、自分の利用状況にあった電力会社を選ばないといけないからです。

電気使用量が多い方がお得になる電力会社もあれば、少ない方向けのプランに力をいれている電力会社もあります。

まずは検針票で月々の電気使用量を確認してみてください。

契約縛り(違約金)のない電力会社を選ぶ

契約期間の縛りのある電力会社もあります。

例えばENEOSでんきの場合、2年とくとく割りというサービスがあって、2年契約をするかわりに料金が安くなります。

2年未満に解約した場合1,080円の違約金が発生します。

金額は少額ですが、賃貸マンションやアパートの契約更新を考えると違約金を支払うリスクが高くなります。

契約縛りもなく料金が安い電力会社はたくさんあるので、契約縛りもなく、違約金がかからない電力会社をおすすめします。

知名度で選ばない

誰も知っている大手電力会社を選ぶと安心しますよね。

使用量や利用環境にあっていればおすすめできますが、知名度はなくても安くてお得な電力会社はたくさんあります。

また、大手の方が停電の心配もなさそう・・と思っている人が多いですが、どの電力会社を選んでも同じです。

いざ、何かあった時は既存の電力会社(東京電力や関西電力)がバックアップして一般家庭に電気を供給する制度を国が作りました。

だからどの電力会社を選んでも、安定して電気は供給されます。

シンプルに料金が安い電力会社を選ぶ

セット割を強みにしている電力会社もありますが、個人的におすすめしません。

それは割引額が少ないからです。

また、お得になる代わりに何ねん間は使ってくださいよ~という、契約期間の縛りが設定されている場合もあります。

セット割とかはないけれど、シンプルに料金が安い、電力会社を選ぶのが一番です。

全てのサービスに当てはまるわけではないけれど、甘い話には裏があると少しくらい警戒しましょう。

基本料金が無料、もしくは安い電力会社を選ぶ

基本料金とは使用量に関係なくかかる料金です。

契約アンペアによって料金は変わりますが、基本料金は安いにこしたことはありません。

平日は仕事で日中は家にいない。という方は電気使用量も少ない人が多いでしょう。

基本料金は電気を使わなくても必ず支払わなければいけないので、一人暮らしの方で電気使用量が少ない方は基本料金が無料、もしくは安い電力会社をおすすめします。

一人暮らしにおすすめの電力会社

では、それぞれの電力会社にどのような特徴があるのかも見ていきましょう。

おすすめ順にランキング形式で紹介します。

こんな特徴があるんだな、程度にサラッと読んでください。

1.Looopでんき

今、最も注目されているLooopでんき。

●基本料金0円
●どれだけ使っても1kwhの料金が変わらない

電気を多く使う家庭はとてもお得になるのはもちろんですが、使わない家庭でも基本料金が0円なのでお得になります。

自然派エネルギー(太陽光・水力・風力)で発電しているのも特長でしょう。

調べてもらえればわかりますが、Looopでんきの評判を調べても、悪い評判が見当たりません。

利用者の方の満足度が高い証拠だと思います。

詳しくはこちらの記事もご覧ください!
『【2018年人気NO1】Looopでんきの爆発的な人気の理由』

2.東京ガス

東京ガスは誰もが知っている会社ですし、新電力のシェア率も良いので、知名度のある会社じゃないと不安という方も安心して申し込めるでしょう。

現在ガスを東京ガスと契約しているという方も多いと思いますが、ガスと電気のセット割が使えるのは嬉しいですね。

2018年4月1日から電気使用量が少ない家庭向けの「ずっとも電気1S」がスタートするので、今回はそのプランでシミュレーションをしてみました。

使用量によってはほとんどお得にならないこともあるので要注意です。

3.HTBエナジー

旅行代理店エイチ・アイ・エスのグループ会社が提供するHISでんき。

HISでんきの特長は「一律5%安くなる」プランです。

基本料金と従量料金が5%安くなります。

つまりどんな利用環境の方でも必ず5%は安くなるということですね。

また、主婦の方が家事をする19時~21時までの2時間が無料になるママトクコースなども用意されています。

その他にも旅行代金が一人あたり3,000円割引されるサービスなども提供しています。

4.ENEOSでんき

誰もが知っているガソリンスタンドENEOSが提供しているでんきです。

基本料金は東京電力と同じですが従量料金(1kWhあたりの料金単価)がお得です。

東京電力と比べてみるとこのようになります。

※ENEOSでんきVプラン

120kWh-300kWh
東京電力⇒26.00円
ENEOSでんき⇒24.09円

300kWh以上
東京電力⇒30.02円
ENEOSでんき⇒25.75円

この他にも「にねん とく2割」というプランがあり、さらに料金は安くなりますが、2年間利用せず途中解約すると解約金がかかるので個人的にはVプランがおすすめです。

ENEOSカードで電気料金を支払うとガソリン代がリッターあたり1円安くなったりと、独自のサービスを提供しています。

詳しくはこちらの記事もご覧ください!
『必ず知っておきたいENEOSでんきの評判とメリット・デメリット』

5.ミツウロコでんき

ちびまる子ちゃんでおなじみのミツウロコでんき。

基本料金は東京電力と変わりませんが、従量料金(1kWhあたりの料金単価)は比較的安いです。

東京電力と比べると以下のようになります。

-120kWh
東京電力⇒19.52円
ミツウロコ⇒21.43円

120kWh-300kWh
東京電力⇒26.00円
ミツウロコ⇒22.63円

300kWh以上
東京電力⇒30.02円
ミツウロコ⇒25.24円

比べてみると120kWh-300kWhの単価がとくに安いですね。

この他にも基本料金は変わらず、最初の120kwhまでの単価が安くなるプランも用意されているので、一人暮らしや電気使用量が少ない方にもおすすめできます。

6.東急でんき

東急グループが提供している新電力です。

基本料金も従量料金も東京電力に比べて安く、契約アンペアの数が大きくなるほど割引率もよくなっていきます。

東急でんき独自のメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。

●電気料金をTOKYU CARDで支払うとTOKYU POINTがたまる
●イッツコム、ケーブルテレビ品川の料金が割引になる
●PASMO定期券やオートチャージでポイントが2倍になる

東急線沿線に住んでいる方や東急グループのサービスをよく利用する方にはメリットが大きいですが、そうでない方にはあまりメリットがありません。

7.auでんき

鬼ちゃんでおなじみauでんき。

基本料金は東京電力と同じですが、従量料金は以下のように安くなります。

-120kWh
東京電力⇒19.52円
auでんき⇒19.51円

120kWh-300kWh
東京電力⇒26.00円
auでんき⇒25.99円

300kWh以上
東京電力⇒30.02円
auでんき⇒30.01円

電気料金だけで言えばほとんどお得にはなりませんね。

au WALLETプリペイドカードを持っていれば、月々の電気料金の1%~5%がポイントで還元されます。

au WALLETカードをよく使うという方にはいいですが、そうでない方にはあまりメリットがありません。

そのほか、1年未満の解約には2,000円の解約金がかかるのもネックですね。

詳しくはこちらの記事もご覧ください!
『auでんきの料金は?キャッシュバックなどのメリットは?』

8.@niftyでんき

@niftyでんきの基本料金は従来と全く同じ。

従量料金が少しだけ安い価格設定になっていますが、電気料金だけで見るとそこまでお得ではありませんね。

@niftyのネットやスマホを利用している方であればセット割がきくので、ネットもスマホも電気も全部@niftyにする!という方には向いているでしょう。

また、@niftyのサービスを利用していない方はまず@nifty IDの取得が必要になります。

セット割を適用させないのであればあまりお得ではないので、現時点で@niftyを利用していない方は他の新電力の方が合っているかもしれませんね。

詳しくはこちらの記事もご覧ください!
『思ったより安くない!微妙すぎる@niftyでんきの評判まとめ』

9.KOYOでんき

一人暮らしなど電気をあまり使わない方でも確実に安くなるとわかるのがいいですね。

KOYOでんきでは、電気代の支払いでJALのマイルをためることができます。

200円ごとに1マイルたまるので、少しでもたくさんのマイルを貯めたいという方には嬉しいですね。

そのほか、家族や友人とKOYOでんきに一緒に申し込むことで適用になる「つなが~る割」というものがあります。

代表世帯のみが割引になる「まとめてプラン」と各世帯が同額割引になる「わけあいプラン」があり、プランや世帯数に応じて月25円~400円の割引になります。

小さな額なのでメリットとしてはちょっと薄いかなという印象です。

詳しくはこちらの記事もご覧ください!
『【2018年最新版】KOYOでんき(洸陽電機)の料金・評判まとめ』

10.東京電力

日本で一番有名な電力会社です。

ただ、料金が高いです。

いろんな新電力の料金を比較してきてわかりましたが、一般的な家庭の電気料金の場合だと東電より安いところがほとんどです。

福島原発事故で信頼を失った東京電力ですが、まだまだ電力自由化が浸透していないため、顧客を囲えていますが、それも時間の問題な気がします。

毎月支払う料金なので安いのが一番ですからね。

11月限定!3,000円のキャッシュバック!

LooopでんきやENEOSでんきをはじめとした電力会社に乗り換えで3,000円のキャッシュバックが受け取れます!

電力会社の乗り換えでキャッシュバックがもらえる申し込み窓口はほとんどありません。

下記の窓口は対応もよく、ご利用環境に適した電力会社を紹介してくれます。

複雑な手続きなしでキャッシュバックが受け取れるので、申し込みは下記窓口がおすすめです。

元の電力会社に戻すことも簡単にできるので、お試し感覚で契約する方も多く、2018年11月現在申し込み者が急増しています。

※電気の使用量が増える冬までに切り替えたい方へ

使用量の増える冬に向けて手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金もかからないので、11月中の申し込みをおすすめします。

一人暮らしにおすすめの電力会社の料金比較

簡単に料金の比較してみましょう。

基本料金と従量料金、それぞれを一覧表にまとめてみました。

後ほど使用量を想定してシミュレーションするのでザッと目を通す程度でOKです。

基本料金比較

電力会社20A30A40A
Looopでんき0円0円0円
KOYOでんき754.37円1,005.82円
東急でんき788.40円1,069.20円
HTBエナジー800.28円1,067.04円
東京ガス電気842.40円1,123.20円
東京電力561.60円842.40円1,123.20円
ミツウロコでんき561.60円842.40円1,123.20円
@niftyでんき561.60円842.40円1,123.20円
auでんき561.60円842.40円1,123.20円
ENEOSでんき
561.60円842.40円1,123.20円

Looopでんきの0円が目立ちますね。

新電力の数はたくさんありますが、基本料金が0円の新電力は本当に珍しいです。

561円~1,123円がそのまままるっと削減になるので、このメリットはかなり大きいですね。

従量料金比較

東京電力
東京ガス
~120kWh19.52円~120kWh19.49円
120~30026.00円120~30024.89円
300~30.02円300~26.99円
Looopでんき
@niftyでんき
一律26円~120kWh19.52円
120~30024.95円
300~25.92円
HTBエナジー
KOYOでんき
~120kWh18.46円~120kWh19.31円
120~30024.62円120~30024.33円
300~28.44円300~27.21円
ENEOSでんき
ミツウロコでんき
~120kWh19.52円~120kWh21.43円
120~30024.09円120~30022.63円
300~25.75円300~25.24円
東急でんき
auでんき
~120kWh19.41円~120kWh19.51円
120~30025.88円120~30025.99円
300~29.03円
(30A)
28.43円
(40A~)
300~30.01円

ほとんどの電力会社が東京電力よりも安い金額を設定していますね。

ミツウロコでんきは120kWhまでの単価が高いですが、それ以降がかなり安い料金になっています。

月々の使用量が120kWhに満たない方にはおすすめしません。

Looopでんきの料金は一見高そうに見えますが、基本料金が0円なので結果的に安くなるケースがほとんどです。

一人暮らしの電気料金比較(シミュレーション)

様々な使用量でシミュレーションをして、安い順に並べ替えてみました。

ご自身の使用量と照らし合わせてみてください。

30A契約で80kWh使った場合

電力会社電気料金
Looopでんき2,080円
HTBエナジー2,277円
KOYOでんき2,299円
東急でんき2,341円
東京ガス2,402円
auでんき2,403円
東京電力2,404円
ENEOSでんき2,404円
@niftyでんき2,404円
ミツウロコでんき2,653円

30A契約で120kWh使った場合

電力会社電気料金
HTBエナジー3,015円
KOYOでんき3,072円
東急でんき3,118円
Looopでんき3,120円
東京ガス3,181円
auでんき3,184円
東京電力3,185円
ENEOSでんき3,185円
@niftyでんき3,185円
ミツウロコでんき3,558円

30A契約で200kWh使った場合

電力会社電気料金
HTBエナジー4,985円
KOYOでんき5,018円
ENEOSでんき5,112円
東京ガス5,172円
@niftyでんき5,181円
東急でんき5,188円
Looopでんき5,200円
auでんき5,263円
東京電力5,265円
ミツウロコでんき5,368円

30A契約で350kWh使った場合

電力会社電気料金
ENEOSでんき8,809円
KOYOでんき8,811円
HTBエナジー8,869円
ミツウロコでんき8,893円
@niftyでんき8,972円
東京ガス9,011円
Looopでんき9,100円
東急でんき9,228円
auでんき9,362円
東京電力9,366円

30A契約で500kWh使った場合

電力会社電気料金
ENEOSでんき12,671円
ミツウロコでんき12,679円
@niftyでんき12,860円
KOYOでんき12,893円
Looopでんき13,000円
東京ガス13,059円
HTBエナジー13,135円
東急でんき13,582円
auでんき13,864円
東京電力13,869円

おすすめはLooopでんき

Looopでんきはサービスだけではなく、口コミや評判も良い新電力です。

おすすめの理由
●基本料金が0円
●解約金が0円。いつでも無料で解約できる
●とにかく安い
●ブレーカーが落ちる心配がない
●1kWhの単価がどれだけ使っても一律
●使用量がリアルタイムで把握できる
●トラブル時のサポートが充実!
●対応が良い
●契約者の評判が本当に良い

今まで、いろんな新電力について調べてきましたが、これだけの条件が揃っている新電力はありませんでした。

下の記事を読めばLooopでんきが人気の理由に納得できると思います。
⇒『【2018年人気No.1】Looopでんきの爆発的な人気の理由』

私も切り替えて一年経ちますが、毎月1,000円近く安くなりとても満足しています。

新電力に切り替えることで、トラブルなども心配していましたが、切り替えてから問題なく利用できています。

料金プランも本当にシンプルなので、複雑なことが嫌いな人にもおすすめですし、いつ解約しても違約金や手数料がかからないのでお試し感覚で申し込んで、継続される方が多いそうです。

余談ですが、私の両親もLooopでんきに切り替えました。

66歳の古い人間なので、説得するのに時間はかかりましたが、毎月800円くらい安くなったみたいで満足しています。

新電力に不安を感じている人は多いですが、契約の縛りや解約金もかからないので、一ヶ月試してみて、思ったより安くならなければ元の電力会社に戻せばいい話。(無料で戻せます)

私も今はLooopでんきが一番良いと思いますが、もっと良い電力会社があったら切り替えようと思っています。

会社の同僚数人に紹介しましたが、みんな月々の料金が安くなって満足そうでしたし、当サイトから申し込まれた方からもたくさんのお礼のメールを頂き私も嬉しいです。

どこの新電力にしようか迷われている方には本当におすすめのサービスです。

※電気の使用量が増える冬までに切り替えたい方へ
Looopでんきは人気なので切り替え手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金などかからないので、11月中の申し込みをおすすめします。

さらに、今申し込めば3,000円のキャッシュバックが受け取れます!

まとめ

新電力への切り替えは、基本的に「電気をたくさん使う人ほどお得になる」と言われています。

しかし、電気をあまり使わない家庭でもちゃんとお得になるということがこの記事でわかっていただけたかと思います。

もちろん家庭によって総合的な削減額は変わってくるので、実際にシミュレーションをしてみるといいでしょう。

Looopでんきの公式サイトなら、ひと月だけでなく年間いくらの削減になるかまで算出してくれるので、試してみてはいかがでしょうか。

(未評価)

おすすめはLooopでんき

自宅の電気を「Looopでんき」にしてから1年が経過しました。

公式サイトで案内されている通りの料金になり、毎月1,000円安くなったのでとても満足しています。

心配だったトラブルもなく、私のように月々の電気代を見直して少しでも貯蓄にまわしたいという方に本当におすすめできるサービスです。

11月30日迄に下記から申し込むと3,000円のキャッシュバックが受け取れます。

11月限定!3,000円キャッシュバック

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

一人暮らしにおすすめな電気料金が安い新電力の比較について紹介しているページです。じゆうでんきでは、Looopでんきや東京ガス電気、ENEOSでんきをはじめとした新電力の申し込み方法や解約についてなどの基本的な情報はもちろん、料金や評判、メリット・デメリットの比較を、電力自由化についてあまり詳しくない方でもわかりやすく電力会社選びに役立つ情報をまとめています。