北海道電力の電気料金プラン一覧を新電力と比較してみよう

(未評価)
北海道電力の料金プランを新電力(PPS)と比較

秋ごろから冬が終わるまでの電力使用量が多い北海道電力ですが、あまり消費者のことを考えているような料金設計には思えません。

家庭向けの料金プランは大きく分けて4つしかなく、そのプランも道民のメリットを本当に考えているのか疑問です。

それでは北海道電力の料金プランを紹介していきます。

住宅や小売店の料金プラン

一般家庭向けに用意されている料金プランは4つあり、それぞれの特徴は以下の通りです。

従量電灯

おすすめ:夜間蓄熱機器を利用しない家庭

  • 料金単価が24時間同じ設定
  • 電気を使用する時間にバラつきがない家庭向け
お得メーター

ほくでんでは一番メジャーな料金プランとなっています。ただ、そこまで安価な設定でもなく、使用料の多い時期では電気代が高額となる家庭が多いのが現状です。

時間帯別電灯(ドリーム8)

おすすめ:夜間蓄熱機器を利用する家庭

  • 1日を昼間と夜間に分けたプラン
  • 昼間は在宅が少なく夜間に多く使用する方向け
お得メーター

オール電化住宅であれば電気代を軽減するのに最適な料金プランです。

ピーク抑制型時間帯別電灯(ドリーム8エコ)

おすすめ:昼間の在宅が多い家庭向け

  • 23時から翌朝7時まで安く利用できるプラン
  • 夜間の仕様が中心の家庭向け
お得メーター

冬期間の夕方に電気をあまり使用しない家庭で、オール電化住宅であればおすすめできるプラン

3時間帯別電灯(eタイム3)

おすすめ:昼間の在宅が多い家庭向け

  • 夜間に電気を使用する方がお得
  • ヒートポンプ暖房システム利用者におすすめ
お得メーター

昼間の在宅率が低く、夜間及び朝晩の時間帯に電気の使用を移せる人向け。また、環境に優しいヒートポンプ暖房を利用しているひとなら尚お得となります。

地域独占の電力会社10社

新電力の料金プランは?


新電力の料金プランは『新電力の料金プランから選ぶ』をご覧ください。

(未評価)

コメントを残す

*