関西エリアは要注意!ハローG電力の料金や特長いろいろまとめ|【電力自由化】新電力の評判・比較まとめ

評価:5.00 - 1件の票数
更新日:2018/09/11

ハローG電力は創業60年の株式会社ハローGが販売している電力会社です。

電気事業の他にも中部・関東圏を中心にLPガス販売、インターネットプロバイダ、通信工事などのサービスを提供しています。

この記事では以下の内容をまとめています
●ハローG電力のメリット
●既存の電力会社との料金比較
●どういう人がお得になるのか

ハローG電力を検討されている方に役立つ情報をわかりやすくまとめています。

サクッと読める内容になっていますので最後までご覧ください。

新電力の『あしたでんき』がおすすめ

あしたでんきは東京電力100%の子会社です。

基本料金が0円なので、毎月1,000円前後かかっていた基本料金分の金額がまるっとお得になるのが魅力ですね。

よく比較されるLooopでんきよりも従量料金が安いのも人気の理由でしょう。

また、解約金・違約金も0円なのでいつでも気軽に解約できます。

元の電力会社に戻すことも簡単にできるので、お試し感覚で契約する方も多く、2018年9月現在申し込み者が急増しています。

※電気の使用量が増える冬までに切り替えたい方へ

使用量の増える冬に向けて手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金もかからないので、9月中の申し込みをおすすめします。

ハローG電力の基本情報

ハローG電力の基本情報を簡潔にまとめました。

後ほど、エリア別に料金をシュミレーションし、どれだけハローG電力に切り替えたらお得になるのまとめてあるのでここはザッと目を通す程度でOKです。

従量料金が一律

ハローG電力のメリットといえば従量料金が一律なところでしょう。

ほとんどの電力会社が電気の使用量が増えるほど1kWhあたりの料金単価が高くなりますが、ハローG電力はどれだけ電気を使ってもこの従量料金が一律なんですね。

従量料金が一律の場合のメリットとデメリット

●メリット
電気の使用量が多い家庭だと安くなるケースがほとんど。

●デメリット
電気の使用量が少ない家庭だと高くなるケースがある。

後ほど従来の電力会社との料金比較で、わかりやすくシュミレーションしたので詳しくはそちらを参考にしてください。

提供エリア

沖縄と離島を除くすべてのエリアに対応しています。

電力会社によっては一部の地域にしか対応していない場合もあります。

問い合わせ

2つの問い合わせ方法を紹介します。

●メールの場合
メールでの問い合わせはこちら

●電話の場合
054-623-8686
平日8:30-20:00

支払い方法

クレジットカード
Web口座振替(毎月27日引き落とし)

違約金

初1年未満で解約した場合、2,000円の解約金が発生します。

1年以上使った場合は解約金はかかりません。

電力会社の違約金の相場はだいたい2,000円くらいです。

また、いつ解約しても違約金がかからない電力会社もあります。

オール電化プランに対応している?

オール電化プランからの切り替えは対応してません。

●補足
ハローG電力に限らず多くの電力会社がオール電化プランに対応していません。

申し込み方法

申し込みは下記のハローG電力公式サイトからになります。

ハローG電力公式サイトはこちら

新電力の『あしたでんき』がおすすめ

あしたでんきは東京電力100%の子会社です。

基本料金が0円なので、毎月1,000円前後かかっていた基本料金分の金額がまるっとお得になるのが魅力ですね。

よく比較されるLooopでんきよりも従量料金が安いのも人気の理由でしょう。

また、解約金・違約金も0円なのでいつでも気軽に解約できます。

元の電力会社に戻すことも簡単にできるので、お試し感覚で契約する方も多く、2018年9月現在申し込み者が急増しています。

※電気の使用量が増える冬までに切り替えたい方へ

使用量の増える冬に向けて手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金もかからないので、9月中の申し込みをおすすめします。

ハローG電力と既存電力の料金比較

エリア別に既存の電力会社とハローG電力との料金を以下の内容で比較しました。

●基本料金
●従量料金
●電気の使用量が少ない人
●電気の使用量が多い人

あくまで参考までにご覧ください。

北海道電力

 ハローG
北海道電力
30A
666.39円
1004.40円
40A
888.52円
1339.20円
50A
1110.65円
1674.00円
60A
1332.78円
2008.80円
~120kWh
27.29円
23.54円
120~280
27.29円
29.72円
280~
27.29円
33.37円

●30Aで150kWh使用した場合

ハローG電力
⇒4,760円

北海道電力
⇒4,721円

※39円ハローG電力が安い

●40Aで400kWh使用した場合

ハローG電力
⇒11,805円

北海道電力
⇒12,924円

※1,119円ハローG電力が安い

東北電力

 ハローG
東北電力
30A
390円
972.00円
40A
520円
1,296.00円
50A
650円
1,620.00円
60A
780円
1,944.00円
~120kWh
23.43円
18.24円
120~300

23.43円
24.87円
300~
23.43円
28.75円

●30Aで150kWh使用した場合

ハローG電力
⇒3,905円

東北電力
⇒3,907円

※2円ハローG電力が安い

●40Aで400kWh使用した場合

ハローG電力
⇒9,892円

東北電力
⇒10,836円

※944円ハローG電力が安い

東京電力

 ハローG
東京電力
30A
452.61円
842.40円
40A
603.48円
1,123.20円
50A
754.35円
1,404.00円
60A
905.22円
1,684.80円
~120kWh
24.31円
19.52円
120~300

24.31円
26.00円
300~
24.31円
30.02円

●30Aで150kWh使用した場合

ハローG電力
⇒4,099円

東京電力
⇒3,965円

※134円東京電力が安い

●40Aで400kWh使用した場合

ハローG電力
⇒10,327円

東京電力
⇒11,148円

※820円ハローG電力が安い

中部電力

 ハローG
中部電力
30A
400.38円
842.40円

40A
533.84円
1,123.20円
50A
667.30円
1,404.00円
60A
800.76円
1,684.80円
~120kWh
23.59円
20.68円
120~300

23.59円
25.08円
300~
23.59円
27.97円

●30Aで150kWh使用した場合

ハローG電力
⇒3,939円

中部電力
⇒4,076円

※138円ハローG電力が安い

●40Aで400kWh使用した場合

ハローG電力
⇒9,970円

中部電力
⇒10,916円

※946円ハローG電力が安い

北陸電力

 ハローG
北陸電力
20A299.22円
475.20円
30A
448.83円
712.80円
40A
598.44円
950.40円
50A
748.05円
1,188.00円
60A
897.66円
1,425.60円
~120kWh
19.18円
17.48円
120~300

19.18円
21.29円
300~
19.18円
22.98円

●30Aで150kWh使用した場合

ハローG電力
⇒3,326円

北陸電力
⇒3,449円

※123円ハローG電力が安い

●40Aで400kWh使用した場合

ハローG電力
⇒8,270円

北陸電力
⇒9,178円

※908円ハローG電力が安い

関西電力

 ハローG
関西電力
最低料金
371.48円
327.65円
7~15kWh
24.74円
15~120
24.74円
19.76円
120~300
24.74円
26.19円
300~
24.74円
29.94円

●150kWh使用した場合

ハローG電力
⇒3,909円

関西電力
⇒3,188円

※721円関西電力が安い

●400kWh使用した場合

ハローG電力
⇒10,094円

関西電力
⇒10,111円

※17円ハローG電力が安い

中国電力

 ハローG
中国電力
最低料金
330.08円
331.23円
9~15kWh
23.13円
15~120
23.13円
20.40円
120~300
23.13円
26.96円
300~
23.13円
29.04円

●150kWh使用した場合

ハローG電力
⇒3,591円

中国電力
⇒3,282円

※309円中国電力が安い

●400kWh使用した場合

ハローG電力
⇒9,374円

中国電力
⇒10,230円

※856円ハローG電力が安い

四国電力

 ハローG
四国電力
最低料金
387.30円
403.92円
8~11kWh

22.75円
11~120
22.75円
20.00円
120~300
22.75円
26.50円
300~
22.75円
29.95円

●150kWh使用した場合

ハローG電力
⇒3,618円

四国電力
⇒3,379円

※239円ハローG電力が安い

●400kWh使用した場合

ハローG電力
⇒9,305円

四国電力
⇒10,349円

※1,044円ハローG電力が安い

九州電力

 ハローG
九州電力
30A
472.68円
874.80円
40A
630.24円
1,166.40円
50A
787.80円
1,458.00円
60A
945.36円
1,749.60円
~120kWh
20.65円
17.19円
120~300
20.65円
22.69円
300~
20.65円
25.63円

●30Aで150kWh使用した場合

ハローG電力
⇒3,570円

九州電力
⇒3,618円

※48円ハローG電力が安い

●40Aで400kWh使用した場合

ハローG電力
⇒8,890円

九州電力
⇒9,876円

※986円ハローG電力が安い

ハローG電力の口コミ・評判

ツイッターと2ちゃんねるで探してみましたが、見つかりませんでしたm(__)m

見つかり次第、追加したいと思います。

ハローG電力がおすすめの人とおすすめしない人

おすすめの人
●月に350kWh以上つかう方

おすすめしない人
●一人暮らしや電気使用量が少ない方
●関西電力エリアの方

※補足
今回のシミュレーションを通して月に350kWh以上つかう方はお得になることがわかりました。
一人暮らしや、電気使用量が少ない方、とくに関西電力エリアにお住まいの方は電気使用量が多い・少ない関係なくお得にならないので他の電力会社も検討すべきでしょう。

おすすめはあしたでんき

あしたでんきはサービスだけではなく、口コミや評判も良い新電力です。

おすすめの理由
●基本料金が0円
●解約金が0円。いつでも無料で解約できる
●とにかく安い
●ブレーカーが落ちる心配がない
●1kWhの単価がどれだけ使っても一律
●使用量がリアルタイムで把握できる
●トラブル時のサポートが充実!
●対応が良い
●契約者の評判が本当に良い

2018年9月現在、これだけの条件が揃っている新電力はありませんでした。

下の記事を読めばあしたでんきが人気の理由に納得できると思います。
⇒『【2018年!満足度NO1】あしたでんきの申し込みが急増中』

料金プランも本当にシンプルなので、複雑なことが嫌いな人にもおすすめですし、いつ解約しても違約金や手数料がかからないのでお試し感覚で申し込んで、継続される方が多いそうです。

新電力に不安を感じている人は多いですが、契約の縛りや解約金もかからないので、一ヶ月試してみて、思ったより安くならなければ元の電力会社に戻せばいい話。(無料で戻せます)

私も今はあしたでんきが一番良いと思いますが、もっと良い電力会社があったら切り替えようと思っています。

当サイトから申し込まれた方からもたくさんのお礼のメールを頂き私も嬉しいです。

どこの新電力にしようか迷われている方には本当におすすめのサービスです。

※電気の使用量が増える冬までに切り替えたい方へ
あしたでんきは人気なので切り替え手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金などかからないので、9月中の申し込みをおすすめします。

申し込みは下記のあしたでんき公式サイトが安心です。

まとめ

以上、ハローG電力についてでした。

基本料金が安く、従量料金が一律ですが他のサービスとのセット割りなどがないのがちょっと寂しいところ。

また、一人暮らしの方や、電気使用量が少ない方は既存の電力会社より料金が高くなってしまう可能性も。

ただ、一般的な電気使用量(月に300kWh~400kwh)使用する方だったらお得になるので切り替えを検討しても良いかもしれませんね。

評価:5.00 - 1件の票数

人気爆発中のあしたでんき

Looopでんきより安い新電力がついに登場しました。

基本料金0円、従量料金も一律。

東京電力100%の子会社ならではのカスタマーサービス。

2018年9月現在、間違いなくおすすめできる新電力です。

あしたでんきの申し込みはこちら

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ハローG電力の料金・特徴について紹介しているページです。じゆうでんきでは、Looopでんきや東京ガス電気、ENEOSでんきをはじめとした新電力の申し込み方法や解約についてなどの基本的な情報はもちろん、料金や評判、メリット・デメリットの比較を、電力自由化についてあまり詳しくない方でもわかりやすく電力会社選びに役立つ情報をまとめています。