都市ガス自由化は私たちの生活にどう影響してくるか?

評価:2.50 - 2件の票数
ガス小売り自由化とは

2016年に電力自由化、そして2017年にガス自由化。生活インフラの代表とも言える2つが変革の時期を迎えていますが、はたして私たちの生活にどう影響してくるのか?

メディアなどでは詳しいことがあまり報道されておらず、ガス自由化については今のところあくまで予想として説明されているものばかりです。

それもそのはず、これからどのような制度になるかの本格的な議論が始まり、既存の都市ガスが有利な条件にならないために、最有力と言われている東京電力などが徹底抗戦をはじめていくはずです。

今後の予想も踏まえ、ガス自由化によって私たち消費者が受けるメリットがなど紹介していきます。

都市ガス小売り自由化とは

ガス自由化とは、簡単に説明すると登録さえすれば誰でも都市ガスを販売できるようになることです。

これまでは東京に住んでいる人は東京ガス、大阪の人は大阪ガスと管轄しているガス会社しか選べませんでした。「独占=競争がない」状態だったので、どうしても企業側に有利な販売になってしまい以前から電力同様、変革が求められていました。

ただ、勘違いしてはいけないのはプロパンガス(LPガス)市場は既に自由に販売することができるので、ガス自由化になってもそこまで影響は少ないです。

電力・ガス市場、今後のスケジュール

今後の自由化のスケジュールは以下のように進んでいく予定です。

ガス小売り自由化のスケジュール

ガス自由化は赤枠になっている2017年4月に実施される予定となっています。その後、まず先に電力の送配電分離が行われ、2022年にガスの導管が分離されていきます。

分離と説明しても分からない方が多いかもしれませんが、現在、電力及びガスを供給するために必要な電線や配管などは、元々独占していた企業が運営を行っています。その運営の独占を解除し、法的に分け与えていくといった法改正になります。

これまで独占していた東京電力及び東京ガスのような企業は、顧客がどんどん離れていく一方なのでこれまで通りとはいかなくなるでしょう。あぐらをかいていた人たちもおそらく危機感を感じているはずです。

都市ガスの供給エリア

関東・関西など都市部に住んでいる方は都市ガスを利用するのが当たり前と思っているでしょうが、国内全域で見た時にプロパンガスの件数が2,400万件と、都市ガスとそこまで大きな差はありません。

しかし、都市ガスの方が明らかに安いことは周知の事実であるのに、なぜこんなにプロパンガスの利用者が多いのでしょうか?それは以下の図を見ていもらえればその理由が分かります。

都市ガス事業者の供給エリア

都市ガス事業者の供給エリア出典:日本瓦斯協会資料

桃色が私営事業者、青色が公営事業者となりますが、ご覧の通り、都心部以外真っ白といった状況なのです。地方にいくとほとんど供給エリア外となってしまい、申込む意思があっても自動的に「プロパンガスと契約」しなくてはいけなくなります。

ガス自由化となってもエリア内の方が対象となるので、それ以外の方々はインフラ設備が拡大することを祈っておくことしかできません。

ガス自由化の評判や口コミ

自由化に関して具体的な情報があり次第、詳細なことを更新していきますが、上記で説明した内容で大体の流れは理解して頂けたと思います。今後、市場は更に過熱していきますが、既にガス自由化を心待ちにしている人が結構いるみたいですね。

なんか電力自由化よりガス自由化の方が人気あるようにも感じました。また、電力の切り替えをしてしまうと契約の縛りなどが発生するので、ガス自由化を待ってから切り替えを検討するような人も多いようです。

どちらにしても業界の知識を蓄えておくことはお得になる近道なので、電力やガスの切り替えを検討している方は様々な情報を集めておきましょう。

まとめ

電力自由化では東京電力などの一般電気事業者が焦り、ガス自由化では東京ガスなどが焦り、自分たちの縄張りだったものが開放される危機感は相当なものでしょう。

蚊帳の外で見ている私たちは面白がって見ていますが、実際に中で働いている人たちはどうなんでしょうね。顧客が離れていることは間違いないので、お互いに人の庭を荒らすことでしか売上の維持は難しいはずです。

ただ、消費者にとっては企業間の争いが過熱するほど料金もどんどん安くなり、選び方次第では今よりお得になることができます。

テレビCMや公式HPの情報だけでは読み取れない事が沢山あるので、誰よりも得したいのであれば定期的に当サイトを覗いてみてください。ご期待に沿えるような記事の更新をしておきます!

評価:2.50 - 2件の票数

コメントを残す

*