「電力自由化」で知らないと騙されてしまう5つの嘘

評価:3.67 - 3件の票数
電力自由化のトラブル防止

電力自由化のような大きな変革との時は、ほぼ100%の確率で悪質な勧誘業者が現れ、トラブルが多くなってしまいます。

国民生活センターなどから注意喚起がされても、なかなかその事が周知されるのには時間が掛かってしまい、誰にでも被害に遭う可能性はあります。

今回紹介するのは「電力自由化に関する5つの嘘」として、情弱な消費者でもこれだけ知っておけば、騙される可能性を飛躍的に下げられる内容となっています。

「自分は大丈夫!」と思っている人ほど騙される傾向になるので、電力会社の切り替えを検討している方は読まれることをおすすめします。

電力自由化で悪質な5つの勧誘手口

これから紹介する内容は『電力取引監視等委員会』という、経済産業省が管轄している組織が注意喚起していることです。その内容を当サイトなりに分かりやすくお伝えしてきます。

契約した新電力が倒産すると電気はとまる

この疑問を持った人が一番多いのではないでしょうか?電力自由化では200社以上の新電力と呼ばれる新しい電力会社が誕生しており、切り替えるのであればその中から1つの会社を選ばなくていけません。

当然、参入企業には規模の大きいところもあれば、社員数が数名程の小さな会社まで様々です。仮に小さな会社を選んだ場合、電力事業で「失敗して倒産」ということも可能性としては十分に考えられます。そういった時に契約している家庭の電気は一体どうなってしまうのか?

新電力が倒産などした場合は、地域の大手電力会社(東電など)が引き継ぎます

その為、企業の大小で選ぶ必要はないので、料金や付加価値などだけを比較して切り替えして問題ありません。

小さい会社と契約すると電気が不安定になる

新電力に切り替えしたとしても、あなたが利用する電気はこれまでと同じものとなります。まずは、電力自由化の仕組みを図で紹介します。

電力自由化後の電気事業の仕組み

少し分かり難いかもしれませんが、私たち消費者が契約するのは「新電力(小売業者)」となり、実際に電気を作って電線の運営を行っているのは各地域の一般電気事業者です。

また、新電力に切り替えで変わることは・・

  • 請求書を発行する会社が大手電力会社から新電力になる
  • 各新電力が設定した料金設定に変更される

上記以外は基本的に変わることはありませんので、小さな会社と契約したとしても電力の供給に影響するような事はないと思っていて大丈夫です。

電力会社の切り替えには新しい電線が必要

ガスの小売り自由化は私たちの生活にどう影響してくるか?』で紹介していますが、電力市場は以下のようなスケジュールで進んでいく事が予定されています。

ガス小売り自由化のスケジュール

2020年の「送配電部門の法的分離」が施行されるまでは、電気が通っている電線の運営・管理は地域の大手電力会社が独占して行います。その為、新電力と契約するからといって、これまでと違った電線を使うことはありません。

もし、新たな電線が必要と言ってくる業者がいる場合、詐欺だと思ってください。

スマートメーターの設置には費用が掛かる

新電力に切り替える際にトラブルとなる可能性が一番高いのが「スマートメーターの設置費用」に関する事だと思います。スマートメーターを知らない方が多いはずなので簡単に説明しておきます。

  • メーターが針ではなくデジタル式
  • お持ちのスマホやパソコンで電気の使用量を確認できる

デジタル式になったのはどうでも良い事ですが、電気使用量をネットを介して確認できるようになったのはすごいことです。エコキュートなどを導入していれば別ですが、そうでない方にとっては未来的に感じると思います。

出典:スマートメーターの設置

電力自由化で切り替えするには、このスマートメーターの設置が必須となります。これまでよりハイスペックな機器となるので「設置費用が掛かっても・・」と感じる人が多いと思います。そこに付けこんでくるのが悪質業者であり、本来掛からない費用を請求してくる可能性があります。

しかし、「メーター取替のための個別の費用負担は原則発生しません」と経産省が注意喚起しているように、私たちに費用負担がないことは覚えておいてください。

但し、以下のようなケースでは個別に費用負担が発生する恐れがあります。

  1. 計器を設置するために消費者の設備の改修が必要な場合
  2. 消費者の都合で計器を取替・移設する場合

上記を行う際はまずはじめに相談されることをおすすめします。

電力自由化後に何もしないと電気が止まる

回答するまでもありませんが、電力自由化はあくまで自由に新電力へ切り替えできるものであり、既存のまま利用を続けるのも自由となります。

まとめ

今回紹介した事をすべて理解していたとしても、実際に切り替えをする時に分からないことが沢山出てくると思われます。業界に詳しい私でさえ調べないと分からないことが沢山あるのですから・・。

ただ、分からないのであれば理解してから切り替えすればいいだけなので、騒がれているから焦って契約するといったことだけ内容にしてください。

今後も切り替えでお得になれるような情報を更新していきますが、個別に相談したことがあるようでしたらお気軽に問い合わせください。電力自由化で損をするようなことがあってはいけないので、切り替え先の選択は慎重に行っていきましょう!

評価:3.67 - 3件の票数

コメントを残す

*