新電力「新日鉄住金エンジニアリング」の料金プランやキャンペーン

(未評価)
新電力「新日鉄住金エンジニアリング」料金プラン

新電力「新日鉄住金エンジニアリング」の電気料金プランを紹介します。

家庭向けの電力自由化で大手電力会社からの乗り換えを検討しているでしょうが、まずは各社の料金プランやキャンペーンなどを確認するのは必須となります。

「乗り換えして電気代が大して安くならなかった・・」と後悔しないように、多少面倒でも新電力の比較は怠らないようにしてください。

新日鉄住金エンジニアリングとは?

まずは新日鉄住金エンジニアリングについて紹介します。

会社概要

社名 新日鉄住金エンジニアリング株式会社
事業開始   2006年(平成18年)7月1日
所在地 〒141-8604 東京都品川区大崎1-5-1 大崎センタービル
代表者 藤原 真一
資本金 150億円
従業員数 単独:1,232人 連結:5,282人
事業内容
  • 製鉄プラント
  • 環境ソリューション
  • エネルギーソリューション
  • 石油・天然ガス開発、海洋鋼構造
  • 総合建築分野
  • システム建築分野
  • 特殊鉄構分野
  • 鋼構造商品分野

業績

新日鉄住金エンジニアリングの業績

出典:新日鉄住金エンジニアリング公式HP

売上高に関しては4期連続で伸ばしており、経常利益は2013年こそ少し下がってはいるものの、2011年比では40%程度の伸び率となっています。会社の業績を見る限りでは健全な運営が出来ていると思います。

対象としているエリア

大口顧客向けの電力販売は2001年(平成13年)4月1日より行っており、販売を行っているのは下記のエリアとなっています。

カバーエリアは4つの地域

  • 東京電力管区
  • 中部電力管区
  • 関西電力管区
  • 九州電力管区

家庭向けの電力販売では上記のエリア以外も行うかもしれませんが、販売経験のある4つの管区ではおそらく活動していくでしょう。

料金プランやキャンペーン

新電力の「新日鉄住金エンジニアリング」が家庭向けの電気料金プランや、契約に対してのキャンペーンを紹介します。乗り換えで契約する前に各新電力で受けられるメリットは確認するようにしましょう。

料金プラン

準備中

キャッシュバックキャンペーン

準備中

まとめ

2001年から新電力として電気事業を始めていますが、長年の経験から乗り換え後に保守などの信頼性は高いと思います。しかし、BtoCのサービスにはそこまで強くなさそうなので、契約時のキャッシュバックなどにはあまり期待しない方が良いかもしれません。

(未評価)

コメントを残す

*