中国電力の料金プラン一覧を新電力(PPS)と比較してみよう

(未評価)
中国電力の料金プランを新電力(PPS)と比較

中国電力が管轄しているエリアは「広島県、山口県、岡山県、鳥取県、島根県」の5県であり、10社の電力会社でも下位の販売量なので料金プランも微妙な感じです。

中国エリアの方は新電力への乗り換えで大きなメリットを受けるチャンスなので、まずは中国電力のプランがお得でないことを理解しておきましょう。

それでは中国電力の料金プランを紹介していきます。

中国電力 家庭向けの料金プラン

大きく分けて4つの料金プランがあり、ライフスタイルに応じて選ぶ必要があります。

従量電灯A

おすすめ:昼夜問わず電気を使用する家庭

  • 24時間の料金単価が同じ
  • 昼間も夜間も平均的に使用している
お得メーター

中国電力で最もメジャーな料金プランとなっており、昼夜問わず電気を使用している家庭向けの料金プランです。

エコノミーナイト【時間帯別電灯】

おすすめ:夜間の電気使用量が多い家庭

  • 23時から翌朝8時の電気代が安い
  • 昼間はあまり電気を使わず夜型の方
お得メーター

日中の時間はあまり在宅しておらず、電力消費が少ない夜間の方が電気を多く使う方におすすめの料金プランです。

ファミリータイム プランⅠ

おすすめ:オール電化住宅で使用料が多い家庭

  • 23時から翌朝8時の電気代が安い
  • オール電化住宅であれば更にお得
お得メーター

23時~翌朝8時の時間帯に大人数で電気を使用する方向けであり、オール電化住宅なら更におすすめの料金プランです。

電灯ピークシフトプラン

おすすめ:夏場のピーク時に電気使用量が少ない家庭

  • 23時から翌朝8時の電気代が安い
  • 夏場の13時~16時の在宅率が低い
お得メーター

夜型の生活をしていて、夏場の13時~16時の時間帯にあまり電気の使用をしない方向けの料金プランです。

地域独占の電力会社10社

新電力の料金プランは?


新電力の料金プランは『新電力の料金プランから選ぶ』をご覧ください。

(未評価)

コメントを残す

*