エネワンでんきは料金もセット割も微妙!デメリットは解約金|【電力自由化】新電力の評判・比較まとめ

(未評価)
更新日:2018/10/19

泉ピン子さんが犬の着ぐるみを着て踊るCMがインパクト大なエネワンでんき。

グループ会社のガスワンとガス契約をしている方もいるかもしれませんが、切り替えるとどれだけお得になるのでしょうか?

●エリアごとの料金
●シミュレーション例
●メリット・デメリット
●口コミ・評判

などなど、気になる情報をまとめました。

10月限定!業界唯一3,000円のキャッシュバック!
『面倒な手続き不要!電気の切り替えでオススメの窓口』

2018年人気NO.1のLooopでんき

Looopでんきは基本料金が0円なだけではなく、契約期間の縛りや解約金もありません。

基本料金0円ということは、それだけで毎月1,000円近く安くなるということ。

私も毎月1,000円ちかく安くなり満足していますし、正直、2018年10月の時点でLooopでんきよりお得な新電力はないと思います。

1ヶ月試してみてもし安くならなければ元の電力会社に戻せばいい話。(無料で戻せます。)

申し込んだ後にすぐに解約している人の口コミがないのはサービスに満足されている証拠でしょう。

※電気の使用量が増える冬までに切り替えたい方へ

Looopでんきは人気なので切り替え手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても0円で解約できますし、10月限定で下記窓口から申し込むと3,000円のキャッシュバックが受け取れます

検討中の方は10月中の申し込みをおすすめします。

エネワンでんきの料金

ではまず、気になる料金から見ていきましょう。

エリアごとに従来の電力会社と料金を比較し、表にまとめました。

()内の赤い数字は、従来の電力会社との差額です。

ご自身のエリアだけご確認ください。

東北電力エリアの料金

料金詳細エネワンでんき東北電力



30A939.60円
(-32.4円)
972.00円
40A1,252.80円
(-43.2円)
1,296.00円
50A1,566.00円
(-54円)
1,620.00円
60A1,879.20円
(-64.8円)
1,944.00円



~120kWh18.24円
(±0円)
18.24円
121~30024.87円
(±0円)
24.87円
301~26.45円
(-2.3円)
28.75円

300kWhまでの従量料金は東北電力と全く一緒なので、使用量が300kWhに満たない場合は基本料金分の数十円しか安くなりません。

301kWhからは1kWhあたり2.3円安くなりますが、総合的な割引額としてはちょっと物足りないかもしれませんね。

シミュレーション例

【例1】30A契約で300kWh使用した場合

東北電力⇒7,637円

エネワン⇒7,605円

エネワンでんきの方が32円安い

【例2】40A契約で600kWh使用した場合

東北電力⇒16,586円

エネワン⇒15,853円

エネワンでんきの方が733円安い

東京電力エリアの料金

料金詳細エネワンでんき東京電力



30A810.00円
(-32.4円)
842.40円
40A1,080.00円
(-43.2円)
1,123.20円
50A1,350.00円
(-54円)
1,404.00円
60A1,620.00円
(-64.8円)
1,684.80円



~120kWh19.52円
(±0円)
19.52円
121~30026.00円
(±0円)
26.00円
301~26.42円
(-3.6円)
30.02円

300kWhまでの従量料金は東京電力と全く一緒なので、使用量が300kWhに満たない場合は基本料金分の数十円しか安くなりません。

301kWhからは1kWhあたり3.6円安くなるので、電気をたくさん使う場合には比較的お得になりますね。

シミュレーション例

【例1】30A契約で300kWh使用した場合

東京電力⇒7,864円

エネワン⇒7,832円

エネワンでんきの方が32円安い

【例2】40A契約で600kWh使用した場合

東京電力⇒17,151円

エネワン⇒16,028円

エネワンでんきの方が1,123円安い

中部電力エリアの料金

料金詳細エネワンでんき中部電力



30A810.00円
(-32.4円)
842.40円
40A1,080.00円
(-43.2円)
1,123.20円
50A1,350.00円
(-54円)
1,404.00円
60A1,620.00円
(-64.8円)
1,684.80円



~120kWh20.68円
(±0円)
20.68円
121~30023.58円
(-1.5円)
25.08円
301~24.89円
(-3.08円)
27.97円

120kWhまでの従量料金は中部電力と全く一緒なので、使用量が120kWhに満たない場合は基本料金分の数十円しか安くなりません。

第二段階の料金が1.5円、第三段階はその倍の3.08円安くなるので、電気をたくさん使う方ほどお得になる仕組みですね。

シミュレーション例

【例1】30A契約で300kWh使用した場合

中部電力⇒7,838円

エネワン⇒7,536円

エネワンでんきの方が302円安い

【例2】40A契約で600kWh使用した場合

中部電力⇒16,510円

エネワン⇒15,273円

エネワンでんきの方が1,237円安い

四国電力エリアの料金

料金詳細エネワンでんき四国電力



~11kWh360.72円
(-43.2円)
403.92円



12~12020.00円
(±0円)
20.00円
121~30025.97円
(-0.53円)
26.50円
301~27.25円
(-2.7円)
29.95円

最低料金は43.2円安いですが、120kWhまでの従量料金は四国電力と全く一緒。

使用量が120kWhに満たない場合は、最低料金分しか安くなりません。

使用量が増えるほどお得にはなりますが、全体の割引額としては正直微妙なところ。

シミュレーション例

【例1】300kWh使用した場合

四国電力⇒7,353円

エネワン⇒7,215円

エネワンでんきの方が138円安い

【例2】600kWh使用した場合

四国電力⇒16,338円

エネワン⇒15,390円

エネワンでんきの方が948円安い

九州電力エリアの料金

料金詳細エネワンでんき九州電力



30A842.40円
(-32.4円)
874.80円
40A1,123.20円
(-43.2円)
1,166.40円
50A1,404.00円
(-54円)
1,458.00円
60A1,684.80円
(-64.8円)
1,749.60円



~120kWh17.13円
(-0.06円)
17.19円
121~30021.95円
(-0.74円)
22.69円
301~23.27円
(-2.36円)
25.63円

従量料金はすべての段階で九州電力よりも安く設定されていますが、割引額としてはやや物足りない印象です。

第三段階目でも2.36円しか安くならないので、電気をたくさん使っても「思ったより安くならないな」と思うかもしれません。

シミュレーション例

【例1】30A契約で300kWh使用した場合

九州電力⇒7,021円

エネワン⇒6,890円

エネワンでんきの方が131円安い

【例2】40A契約で600kWh使用した場合

九州電力⇒15,002円

エネワン⇒14,152円

エネワンでんきの方が850円安い

10月限定!3,000円のキャッシュバック!

LooopでんきやENEOSでんきをはじめとした電力会社に乗り換えで3,000円のキャッシュバックが受け取れます!

電力会社の乗り換えでキャッシュバックがもらえる申し込み窓口はほとんどありません。

下記の窓口は対応もよく、ご利用環境に適した電力会社を紹介してくれます。

複雑な手続きなしでキャッシュバックが受け取れるので、申し込みは下記窓口がおすすめです。

元の電力会社に戻すことも簡単にできるので、お試し感覚で契約する方も多く、2018年10月現在申し込み者が急増しています。

※電気の使用量が増える冬までに切り替えたい方へ

使用量の増える冬に向けて手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金もかからないので、10月中の申し込みをおすすめします。

エネワンでんきのメリット

電気料金だけで見ると少し物足りない印象のエネワンでんきですが、どのようなメリットがあるのでしょうか。

電気料金が高くなることはない

料金表を見るとわかりますが、エネワンでんきの料金は全体的に従来の電力会社よりも安く設定されています。

契約アンペアが大きい方や使用量が多い方ほどお得になる仕組みですが、あまり使わない方でも絶対に料金が高くなることはありません。

割引額はそこまで大きくありませんが、あまり使わない場合はお得にならないという新電力も多いので、それと比べれば安心感はありますね。

ガスや水とのセット割がある

株式会社サイサンは電気以外にもLPガスやウォーターサーバーの販売もしています。

ガスや水と請求をまとめると、月々の料金が割引になります。

それぞれの割引額は以下の通り。

●電気+LPガス
200円

●電気+水
150円

●電気+LPガス+水
250円

さらに、上記のセット割に追加して「サイサン光」「ニオワン」「灯油」の契約をすると、以下の割引額がプラスされます。

●サイサン光
50円

●ニオワン
50円

●灯油
50円

割引を受けるために契約をするには割引額は小さいですが、すでにサイサンのガスやウォーターサーバーを利用している方にはいいかもしれませんね。

Pontaポイントがたまる

電気料金200円につきPontaポイントが1ポイントたまります。

Pontaポイントの加算には、Ponta WebとポイントWeb登録の二つに登録をする必要があるので、忘れずに手続きしましょう。

ちなみに、電気料金以外でもLPガスや都市ガスの料金、ウォーターサーバーの宅配水代でもポイントをためることができるので、セットで利用している方はさらにお得ですね。

エネワンでんきのデメリット

もちろんメリットだけではありません。

デメリットも必ず事前にチェックしておきましょう。

解約金がやや高め

エネワンでんきは1年未満に解約すると3,240円の解約金がかかってしまいます。

これは新電力の中ではやや高めの料金設定なので、デメリットと言わざるを得ないでしょう。

ただし、供給エリア外への引っ越しなどのやむを得ない理由であれば免除となります。

あまり使わない場合はほとんどお得にならない

絶対に料金が高くなることはないエネワンでんきですが、使用量によっては月に数十円しかお得になりません。

数十円でも安くなればいいという方ならいいですが、もっと大幅な削減を期待するのであれば他の新電力を検討した方がよさそうです。

エネワンでんきの基本情報

申し込み方法や支払い方法など、エネワンでんきの基本的な情報もチェックしておきましょう。

提供エリア

・東北電力エリア
・東京電力エリア
・中部電力エリア
・四国電力エリア
・九州電力エリア

※マンションやアパートなどの集合住宅でも申し込み可能ですが、建物で一括受電をしている場合には契約ができません。

申し込み方法

WEBの申し込みフォーム

支払い方法

クレジットカード

利用可能なクレジットカード

VISA、MasterCard、JCB、AmericanExpress

エネワンでんきの口コミ・評判

ツイッターでエネワンでんきの口コミを調べてみました。

紹介できそうなものはあまり見つかりませんでしたが、参考程度にご覧ください。

電気代が安くなった!

エネワンでんきに切り替えたことで電気代が安くなったという口コミが見つかりました。

Pontaポイントがためられる点も好評のようですね。

料金以外に関する口コミも、見つけ次第追加していこうと思います。

キャッシュバックがもらえるおすすめの申し込み窓口

電力会社の乗り換えでキャッシュバックがもらえる申し込み窓口はほとんどありません。

下記窓口から申し込むと10月限定で3,000円のキャッシュバックが受け取れます。

おすすめの理由
●3,000円のキャッシュバックがもらえる!
●複雑な条件は一切なし!
●利用環境に適した電力会社を紹介してくれる!
●利用者の評判が良い!

LooopでんきやENEOSでんきなどの人気の電力会社をはじめ、ご利用環境に適した電力会社を紹介してくれます。

基本的に電力会社の公式サイトから申し込むとキャッシュバックはありません。

電気の申し込みだけで3,000円のキャッシュバックが受け取れるので、下記窓口がおすすめです。

※電気の使用量が増える冬までに切り替えたい方へ
切り替え手続きが混み合う場合があります。

電気の切り替えは基本的にいつ解約しても違約金などかからないので10月中の申し込みをおすすめします。

まとめ

電気をあまり使わなくても電気代が高くなることはないいうのはメリットですが、割引額としては少し微妙なエネワンでんき。

料金だけでなく、セット割やポイントに関しても「悪くはないけどずば抜けて良いというわけでもない」という印象です。

現時点でサイサンのガスや水を利用していて、請求を一つにまとめたいという方には向いています。

しかし、純粋に電気料金を安くしたいという方は他の新電力の検討をおすすめします。

他にも新電力に関する記事をたくさん書いているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

(未評価)

おすすめはLooopでんき

自宅の電気を「Looopでんき」にしてから1年が経過しました。

公式サイトで案内されている通りの料金になり、毎月1,000円安くなったのでとても満足しています。

心配だったトラブルもなく、私のように月々の電気代を見直して少しでも貯蓄にまわしたいという方に本当におすすめできるサービスです。

10月31日迄に下記から申し込むと3,000円のキャッシュバックが受け取れます。

10月限定!3,000円キャッシュバック

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

エネワンでんきの料金・セット割・解約金・デメリットについて紹介しているページです。じゆうでんきでは、Looopでんきや東京ガス電気、ENEOSでんきをはじめとした新電力の申し込み方法や解約についてなどの基本的な情報はもちろん、料金や評判、メリット・デメリットの比較を、電力自由化についてあまり詳しくない方でもわかりやすく電力会社選びに役立つ情報をまとめています。