新電力「イーセル」に乗り換えで電気料金を下げられるのか?

評価:3.00 - 1件の票数
新電力「イーセル」に乗り換えで電気料金を下げられるのか?

家庭向けの電力自由化によって大手電力会社(東電など)から乗り換えることが可能となり、現在の電気料金を大幅に安く利用することができます。

しかし、どの新電力(PPS:特定規模電気事業者)でも良い訳でなく、各家庭のライフスタイルに合わせた料金プランを設定しているところを選ばなければいけません。

お得に契約するポイントはいくつかありますが、まずは電力を供給する事業者の事を知っておくことをおすすめします。

それでは新電力「イーセル」への乗り換えで電気料金を安く抑えることが可能なのか検証していきます。

新電力のイーセルとは?

イーセルは201510月8日に特定規模電気事業者の届出をしており、事業開始は2016年4月1日を予定しています。本社は千葉県の柏市にあり、広島県広島市にも営業所として拠点を置いています。既に小学校などの公共施設への電力供給をしている実績があり、以下は日本経済新聞のWEB版にあった記事となります。

坂戸市、36公共施設で新電力調達

埼玉県坂戸市は小中学校を含む公共施設36カ所で電力調達先を新電力(特定規模電気事業者)に切り替える。契約期間は10月1日から2年間で、東京電力と契約した場合と比べ電気料金を約16%削減できるという。

対象施設は小中学校の20校。ほかに市庁舎、公民館、図書館、児童センター、コミュニティセンターなどの16施設。清掃事務所と、文化会館など指定管理者制度を導入している3施設を除くすべての公共施設で切り替わる。

新たな電力調達先はイーセル(千葉県柏市)。東電と比べ年間約2900万円の削減につながるとしている。東電が昨年、電気料金を引き上げたため、経費削減を狙いに新電力への切り替えを検討していた。

出典:日本経済新聞

同社の会社規模こそそこまで大きくはありませんが、東京電力管区を中心に大口顧客への営業を得意とし電力販売量を右肩上がりに伸ばしています。

会社概要

社名 株式会社イーセル
設立 不明
所在地 〒277-0841 千葉県柏市あけぼの1-8-9 長妻ビル101
代表者 堀田 剛
資本金 不明
従業員数 不明
業務内容 電力小売事業

 

問い合わせ先

WEBでの問い合わせ info@e-sell.co.jp
電話番号 04-7157-1943
FAX番号 不明

これまでの実績

  • 埼玉県坂戸市の小中学校を含む公共施設36か所への電力供給

家庭向けの電力供給は?

2016年4月1日より家庭向けの電力販売を行う予定です。『登録小売電気事業者一覧』に記載がある企業が今のところ参入してきます。

イーセルの強み

株式会社イーセルの会社情報やこれまでの実績を隈なく探しましたが、インターネット上にはほとんど情報がなく、乗り換え時に役立つことはお伝えすることが難しい状況です。今後、同社に関する新着情報があれば更新します。

電力供給エリア

  • 東京電力管区

※広島にも営業所の記載がありますが、特にその設場で活動実績はないようです。

自社所有の発電所

特になし

イーセルのメリット

特になし

まとめ

イーセルに関して収集できる情報が少なすぎるため、そこまで有益な情報をお伝えすることができません。家庭向けの販売がスタートしてから情報の開示をするかもしれないので、東京電力エリアにお住まいの方は時間を空けて、再度確認されるのをおすすめします。

評価:3.00 - 1件の票数

コメントを残す

*