電力会社の選び方!絶対失敗しない為に知っておきたい全知識|【電力自由化】新電力の評判・比較まとめ

(未評価)
更新日:2018/11/02

この記事では電力会社の選び方についてまとめてあります。

●どこの電力会社を選べばいいかわからない
●失敗しない電力会社の選び方を知りたい
●おすすめの電力会社が知りたい
●とにかく電気代を安くしたい

などのお悩みを持っている方の為に役立つ情報になっています。

とにかくわかりやすくまとめましたので是非お役立てください。

11月限定!業界唯一3,000円のキャッシュバック!
『面倒な手続き不要!電気の切り替えでオススメの窓口』

 

2018年人気NO.1のLooopでんき

Looopでんきは基本料金が0円なだけではなく、契約期間の縛りや解約金もありません。

基本料金0円ということは、それだけで毎月1,000円近く安くなるということ。

私も毎月1,000円ちかく安くなり満足していますし、正直、2018年11月の時点でLooopでんきよりお得な新電力はないと思います。

1ヶ月試してみてもし安くならなければ元の電力会社に戻せばいい話。(無料で戻せます。)

申し込んだ後にすぐに解約している人の口コミがないのはサービスに満足されている証拠でしょう。

※電気の使用量が増える冬までに切り替えたい方へ

Looopでんきは人気なので切り替え手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても0円で解約できますし、11月限定で下記窓口から申し込むと3,000円のキャッシュバックが受け取れます

検討中の方は11月中の申し込みをおすすめします。

電力会社はどなたでも選べます

電力自由化がはじまってから、電力会社を自由に選べるようになりました。

建物の種類(戸建て、マンション、アパート)関係なくどなたでも、電力会社の供給エリアに住んでいれば選べます。

高額な工事費用なども払う必要もありません。

基本的には無料で電力会社は選ぶことができます。

電力会社の選び方の順序

まずは電力会社の選び方の順序についてです。

こんなの知ってるよーという方もザッとで良いので目を通してみて下さい。

1.供給エリアの確認

今、住んでいる場所が電力会社の供給エリア外の場合は契約ができません。

全国に供給している新電力もあれば、一部の限られた地域でしか契約していない新電力もあります。

気になる電力会社があった場合、まずはホームページから供給エリアを確認しましょう。

また、全国に供給しているからといって人気があるわけではありませんし、信頼できる電力会社だとは限りません。

地方の電力会社でも良心的な価格とサービスで人気の電力会社もたくさんあります。

全国展開している飲食チェーン店は知名度があって安心できますが、地方の個人経営店でも美味しくて質のよいサービスを提供しているお店があるのと同じことですね。

2.どれだけ安くなるのかシミュレーションをする

電力会社のホームページでは今よりどのくらい安くなるのかシミュレーションができます。

過去の検診票を用意して、「平均の使用量、使用量が少ない月、使用量が多い月」のシミュレーションをしてみてください。

1ヶ月分のシミュレーション結果だと、本当にお得になるのかわからないので、シミュレーションはできるだけたくさんした方がいいでしょう。

もし、検針票を失くしてしまった場合は有料(大体108円)になりますが、電力会社から発行してもらえます。

ホームページには「こんなに安くなります!」大袈裟な記載がありますが、都合のよく算出されている場合もあるということを頭にいれておいてください。

面倒かもしれませんが、何度かシミュレーションして本当に安くなるか確かめることをおすすめします。

もし検針票がない方は以下の使用量でシミュレーションしてみてください。

※使用量が少ない方~平均~多い方を想定。
●200kwh
●300kwh
●400kwh
●500kwh
●600kwh
●700kwh

3.電力会社の評判を調べる

検討している電力会社の評判を調べましょう。

調べるといっても難しい事はありません。

「●●電気 評判」とGoogleで検索するだけでOKです。

このサイトのような、情報をまとめているサイトがでてくれば第一段階クリアです。

もし、公式サイトしか出てきていない場合は、需要がない電力会社=人気のない電力会社と判断し他の電力会社を検討しましょう。

また、いくつかのサイトを見て、あまりに評判が悪ければやめた方がいいです。

ツイッターで口コミを探すのも良いですね。

実際の利用者のリアルな意見が聞けるので、参考になると思います。

とはいえ、インターネットの口コミや評判は賛否両論あって当然のこと。

ツイッターの口コミもあくまで参考程度にしましょう。

ツイッターで検索して、過去に一つも投稿がない場合は人気のない電力会社と判断し他の電力会社を検討しましょう。

ツイッターの評判がよっぽど悪い場合も他の電力会社を検討しても良いかもしれません。

その他にも2ちゃんねるをチェックするのも良いと思います。

批判的な意見が多いように思えますが、的を得ている意見も大変多く参考になると思います。

4.カスタマーセンターに問い合わせる

電力自由化にともない、国が利用者に安心して新電力に乗り換えられるように制度を作りました。

しかし、新電力のプランなど全てを管理しているわけではありません。

電気は安心して使えるけど、その他のサービス面でしっかり対応してくれるのか?

事前に不明点などは確認しておきましょう。

新電力に限らず、ホームページは立派だけど問い合わせてみると対応が呆れるくらいがっかりするような会社も多いです。

ちょっとした疑問点を質問することでカスタマーセンターの質がわかります。

しっかり教育が行き届いている=利用者の事をしっかり考えているということ。

万が一トラブルが起きた時に、頼りない対応をされると心配になりますよね。

無理に問い合わせをする必要はありませんが、些細なことでも不明な点があれば申し込み前に問い合わせてみてください。

後々のトラブルを避けるためにも事前にできることは全てしておきましょう。

問い合わせは無料ですし、そもそも利用者の不安や疑問を解消させるのが問い合わせの目的なので何ひとつ遠慮する必要はありません。

2018年人気NO.1のLooopでんき

Looopでんきは基本料金が0円なだけではなく、契約期間の縛りや解約金もありません。

基本料金0円ということは、それだけで毎月1,000円近く安くなるということ。

私も毎月1,000円ちかく安くなり満足していますし、正直、2018年11月の時点でLooopでんきよりお得な新電力はないと思います。

1ヶ月試してみてもし安くならなければ元の電力会社に戻せばいい話。(無料で戻せます。)

申し込んだ後にすぐに解約している人の口コミがないのはサービスに満足されている証拠でしょう。

※電気の使用量が増える冬までに切り替えたい方へ

Looopでんきは人気なので切り替え手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても0円で解約できますし、11月限定で下記窓口から申し込むと3,000円のキャッシュバックが受け取れます

検討中の方は11月中の申し込みをおすすめします。

電力会社の選び方のポイント

これまでの電気使用量をしっかり把握する

電力会社を選ぶうえで大切なのは、これまでの電気使用量をしっかり把握することです。

評判がよくて知名度抜群の電力会社を選んだけど、あまりお得にならなかったという口コミが投稿されているのは、使用量にあった電力会社ではなかったからです。

使用量が少ない方向けに力をいれている電力会社もあれば、使用量が多い方向けに力をいれている電力会社もあります。

そこで重要なのがこれまでの電気使用量を具体的に把握しているかどうか。

申し込んでから後悔しないためにも、現在の使用量だとどのくらい安くなるのか?しっかり考えましょう。

どの電力会社のホームページでも使用量がシミュレーションできます。

今の使用量を入力するとどれだけ安くなるのか一目でわかります。

時間にして1、2分です。

過去の検針票がない場合は仕方ありませんが、ある場合は電気の使用量がかわる季節ごとにシミュレーションをおすすめします。

電気代は年間を通して安くならなければ意味がないので、電気の使用量が多い月だけではなく、少ない月、平均の月、できるだけ申し込み前にはたくさんシミュレーションしましょう。

ただ、電力会社によっては自社に都合の良い条件で料金を算出している場合があるので、シミュレーション結果はあくまで参考程度にしましょう。

自分の生活にあった電力会社を選ぶ

知名度や人気のある電力会社が必ずしもベストな選択だとは限りません。

一番大事なのは自分の生活スタイルにあった電力会社を選ぶこと。

知名度のある電力会社に切り替えて料金が高くなったという口コミが投稿されているのは利用環境にあっていなかったからです。

電気料金は、基本料金と従量料金の合計金額になります。

抑えておくポイント
●基本料金
-契約アンペア数によって変わる毎月かかる料金
●従量料金
-従量料金とは、電気の使用量に応じて変動する1kWhあたりの料金単価です。基本的に三段階に分かれていて、使用量がふえれば1kWhの単価もあがります。

一人暮らしやあまり電気を使わない方

答え:基本料金ができるだけ安い電力会社をおすすめします。

あまり電気を使わない方は、使用量がすくない方になるので、従量料金の単価はそこまで気にする必要はないでしょう。

東京電力で30Aを契約していた場合の基本料金は842円40銭です。

Looopでんき→0円
きらめきでんき→452円61銭
KOYOでんき→754円37銭

Looopでんきに切り替えた場合だと、842円削減できます。

電気代が高い場合、使用量に目がいきがちですが、基本料金も安くできることを覚えておきましょう。

電気の使用量が多い方

答え:従量料金が安い電力会社をおすすめします。

従量料金とは、電気の使用量に応じて変動する1kWhあたりの料金単価です。基本的に三段階に分かれていて、使用量がふえれば1kWhの単価もあがります。

下の表を見ると使用量が増えると1kWhの料金単価が高くなっていくのがわかりますよね。

使用電力量 東京電力 Looopでんき
~120kWh 19.52円 26円
120kWh~300kWh 26.00円
300kWh~ 30.02円

表の300kWh~の1kWhの単価は4円違いますよね。

この4円がとても大きいんです。

※500kwh使用した場合(300kWh以上の料金を計算)どれだけ差がでるのか計算してみましょう。

●東京電力
(500-300)×30.02円=6,004円

●Looopでんき
(500-300)×26円=5,200円

約800円Looopでんきが安いことがわかりました。

電気代を安くするために、家電の見直しや節電する方も多いですが、日々の生活サイクルが決まっているため、効果は薄いです。

従量料金が安い電力会社を選んだ方がお得になります。

電気の使用量が多いということは従量料金の単価が高くなるということなので、従量料金、とくに3段料金が安い会社を選びましょう。

とくに既存の電力会社は従量料金の3段料金目が高く設定されているので、この料金を安く抑えることで大幅な削減が見込めます。

Looopでんきをはじめ、どれだけ電気を使っても従量料金が一律なうえ、安い電力会社がおすすめです。

評判の良い電力会社を選ぶ

インターネットの評判はすべてを鵜呑みにしてはいけませんが、参考になる意見もたくさんあります。

ツイッターなどを見ると、実際に利用している方の生々しい意見が投稿されているので、申し込み前にはとても役立つ情報です。

気になる電力会社があった場合、まずツイッターなどで評判を調べてみてください。

そこで評判が悪ければ違う電力会社を検討すべきです。

また、評判が一つも出てこない場合も利用者が少ない可能性が高いので違う電力会社を検討しましょう。

インターネットで検索してみるのも良いと思います。

Googleで、『●●電力 評判』と検索するとある程度、需要のある電力会社の場合は参考になる記事が出てきます。

検索結果に公式サイトしか出てこない場合は、あまり需要がない電力会社と判断できるため他の電力会社の検討をおすすめします。

あくまで、口コミや評判は利用環境によってことなりますので、参考程度にしかなりませんが、その中でもできるだけ評判の良い電力会社を選んだ方が失敗するリスクはだいぶ減らせると思います。

電源構成で選ぶ

電気の発電方法はいろいろあります。

火力発電、原子力発電、再生可能エネルギー、などですね。

これらの発電の割合(内訳)を電源構成と言います。

個人的にはあまり深く考えなくて良いと思いますが、電力会社によって発電方法は変わってくるので、自分が使う電気の発電方法までこだわりたい方はホームページに公開されている電源構成にも注目してみても良いかもしれません。

ただし、電源構成を100%公開している電力会社はほとんどなく、その他●%と表示されているケースもあるのであくまで参考程度におさえておきましょう。

ちなみに電源構成によって電気の質が変わるような事はありません。

どの電源構成でも安定して電気は供給されます。これは国が保証している制度です。

2018年人気NO.1のLooopでんき。

Looopでんきは基本料金が0円なだけではなく、契約期間の縛りや解約金もありません。

基本料金0円ということは、それだけで毎月1,000円近く安くなるということ。

1ヶ月試してみて安くならなければ元の電力会社に戻せばいい話。(無料で戻せます。)

申し込んだ後にすぐに解約している人の口コミがないのはサービスに満足されている証拠でしょう。

※電気の使用量が増える夏までに切り替えたい方へ

Looopでんきは人気なので切り替え手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金などかからないので、7月中の申し込みをおすすめします。

世帯人数別の電力会社の選び方

一人~二人暮らし

※ここで紹介するのは一般的な一人暮らしの使用量を想定した場合の内容になります。

一人暮らしの方は、電気の使用量が少ないので、基本料金が無料、もしくは安い電力会社を選ぶと良いでしょう。

基本料金とは電気の使用量に関係なく毎月かかる料金です。

携帯電話の基本料金と同じですね。

電力会社によって基本料金はことなります。

安いところもあれば高いところもあり、中には無料の電力会社もあります。

あまり電気を使わないのに、東京電力で30Aを契約していた場合、毎月800円くらい支払わなければいけません。

関西電力、中国電力、四国電力、と契約している方は最低料金(基本料金)が安いので、あまり気にならないかもしれませんが、なるべく基本料金が安い電力会社を選びましょう。

三人~四人暮らし

電気をたくさん使う方は従量料金とくに3段料金が安い電力会社を選ぶとお得になります。

電気をあまり使わない方は基本料金が安い電力会社と従量料金とくに2段料金が安い電力会社を選びましょう。

基本料金が安い電力会社を選ぶのと同じくらい、従量料金が安い電力会社を選ぶのも大切です。

※従量料金とは、電気の使用量に応じて変動する1kWhあたりの料金単価です。基本的に三段階に分かれていて、使用量がふえれば1kWhの単価もあがります。

また、基本料金が安い会社が必ずしもお得になるわけではありません。

基本料金が安くても従量料金が高く設定されている場合があるからです。

電力会社によって基本料金と従量料金の単価が違うのが、やっかいなところで僕たち利用者を迷わせるんですね。

大家族

大家族のように使用量が多い家庭は従量料金、とくに3段料金が安い電力会社を選びましょう。

理由は3段料金が最も1kwhの単価が高く、電気代にダイレクトに影響するからです。

理想は基本料金が安くて、3段料金が安い電力会社ですが、3段料金の単価に注目して選ぶといいでしょう。

中にはセット割などのサービスを提供している電力会社もありますが、割引額が大したことない場合が多いので、シンプルに電気料金が安い電力会社を選ぶことをおすすめします。

電力会社の選び方の注意点

まず絶対におすすめしない電力会社の選び方をご覧ください。

店舗での勧誘は絶対に断る

家電量販店などの店舗では勧誘活動が盛んに行われています。

言葉は悪いですが、情弱な素人を狙って言葉巧みに誘惑してきます。

以前、家電量販店に常駐しているauの店員さんに、インターネットとスマホをauに乗り換えるなら絶対でんきもauに乗り換えた方がお得ですよ!

と言われました。

たしかに、既存の電力会社にするよりはauでんきにした方がお得になることはわかります。

しかし、他の電力会社と比較した場合はどうでしょう?

auでんきに切り替えるメリットなんて、auウォレットが貯まるくらい。

別に電気料金がそこまで安くなるわけではありません。

僕は普段からこういう勧誘に慣れているので、検討します!とバッサリ断りますが、中には断れない方もいるでしょう。

そういう方に向けて一つアドバイスがあります。

「毎月支払うものなので、今この場では決められませんよ。検診票をみて具体的なシミュレーションしてみて決めたいと思います。」

こう言ってみてください。

いくら安いと言われている電力会社でも、利用環境によっては高くなる可能性があります。

店員もこの事は知っているので、これ以上勧誘してくることはないでしょう。

こういった勧誘には絶対に乗らないようにしてください。

ネットの評判を鵜呑みにしない

今はなんでもネットで情報が手に入る時代です。

良い情報も悪い情報も、インターネットにはゴロゴロ転がっています。

電力自由化がはじまってから、ネット上でも新電力の情報がよく出回るようになりました、中には悪意しか感じられない投稿もありますが、既に利用している方の口コミは僕たちを守る盾となります。

電力会社を擁護するような発言ばかりを投稿するサクラのような人もいるので、すべてを鵜呑みにしてはいけませんが、本当に利用している方の投稿は信憑性があるのですぐにわかります。

評判を調べる上でおすすめなのはツイッターです。

ツイッターはアカウントがなくても見ることができるので、まずは「ツイッター」と検索して、調べたい評判を検索してみてください。

いろんな方の意見が投稿されていますが、必ず参考になる意見があると思います。

知名度だけで電力会社を選ばない

どんなサービスや商品でも、知名度のないものだと不安になりますよね。

毎日使う電気ならなおさら知名度のない会社とは契約したくないと思います。

しかし、電力自由化はみなさんの心配している点を国が保証しているんです。

具体的には・・
・新電力でトラブルがあった場合、既存の電力会社から電気が供給される
・既存の電力会社の送電網を使用して今まで通り電気が提供される

つまり、どんなに知名度のない新電力でもしっかり電気が使えるということです。

これまでいろんな新電力を調べてきましたが、知名度はないけれど料金は大手新電力より安い会社はたくさんあります。

有名タレントを起用してCMや広告で宣伝している電力会社は確かに安心感はあるかもしれません。

ただ、どの電力会社を選んでもこれまで通り電気は供給されます。

知名度に流されず、自分にあった電力会社、本当にお得になれる電力会社を探しましょう。

セット割のある電力会社がお得だとは限らない

電気の切り替えは安くなって当たり前。

料金面だけではなく、その他のサービスを提供して顧客争奪戦が繰り広げられています。

セット割とは
●電気とインターネットを契約しているとネット料金が割引される
●電気とガスを契約すると電気代が安くなる

その他にもいろいろありますが、わかりやすい例をだすとこんな感じです。

ホームページにはかなりお得になるような見せ方をしていますが、実際シミュレーションしてみたらそこまでお得じゃないケースだってあります。

また、契約期間の縛りが設定されていて、契約期間内に解約すると違約金が発生する場合もあります。

オシャレなホームページのデザインに騙されないでください。

セット割などがなくても、十分電気代が安くなる電力会社はあります。

本当に必要なサービスであれば検討しても良いと思いますが、たいして必要のないサービスをちょっとお得になるからといって加入するのはおすすめできません。

契約期間の縛りがあるか確認する

契約期間の縛りがある電力会社もあります。

契約期間の縛りというのは最低でもこの期間は利用してくださいということです。

契約期間内に解約してしまうと違約金が発生します。

違約金の相場はだいたい2,000円~10,000円くらいです。

ほとんどの電力会社が2,000円(税抜き)になります。

電力会社の切り替えは、切り替えたい時に簡単に切り替えられるのがメリットですが、契約期間が決められている場合は簡単には解約できませんよね。

たかが2,000円だとしても、払いたくないもの。

契約期間の縛りや違約金についての記載はホームページに小さく書いてあることが多いので、しっかり確認しましょう。

アパート・マンションの場合

そもそも、マンションやアパートの場合でも電力会社を選べるのか?

答え:選べます。

ただし、建物全体で電力会社と契約している場合は無理です。(一括受電と言う。)

住んでいる建物が一括受電か確かめる方法は管理会社か大家さん聞けばすぐに教えてくれます。

一括受電でなければ、供給エリア内の電力会社と契約できます。

因みに、アパートやマンションにおすすめの新電力というのは基本的にはありません。

大事なのは使用量やサービスにあった電力会社を選ぶことです。

以下、よくある質問
●電力会社を切り替えて大家さんに怒られない?
⇒怒られません
●スマートメーターの設置工事は敷金から引かれる?
⇒敷金とは全く関係ありません。無料です。いずれ全世帯に設置される目的で作られているので一切の出費はありません。

一軒家の場合

一軒家の契約アンペアは30A~40Aの家庭が多いです。

東京電力の場合、基本料金だけで毎月840円~1,120円支払っていることになります。

電気の使用量に関係なく、契約アンペア数があがると基本料金も高くなります。

基本料金が0円だとそれだけで毎月1,000円近く節約ができるわけですね。

詳しくは、以下の記事を参考にしてください。

詳しくはこちらの記事もご覧ください!
『めっちゃ得する!基本料金が無料(安い)の新電力会社まとめ』

おすすめはLooopでんき

Looopでんきはサービスだけではなく、口コミや評判も良い新電力です。

おすすめの理由
●基本料金が0円
●解約金が0円。いつでも無料で解約できる
●とにかく安い
●ブレーカーが落ちる心配がない
●1kWhの単価がどれだけ使っても一律
●使用量がリアルタイムで把握できる
●トラブル時のサポートが充実!
●対応が良い
●契約者の評判が本当に良い

今まで、いろんな新電力について調べてきましたが、これだけの条件が揃っている新電力はありませんでした。

下の記事を読めばLooopでんきが人気の理由に納得できると思います。
⇒『【2018年人気No.1】Looopでんきの爆発的な人気の理由』

私も切り替えて一年経ちますが、毎月1,000円近く安くなりとても満足しています。

新電力に切り替えることで、トラブルなども心配していましたが、切り替えてから問題なく利用できています。

料金プランも本当にシンプルなので、複雑なことが嫌いな人にもおすすめですし、いつ解約しても違約金や手数料がかからないのでお試し感覚で申し込んで、継続される方が多いそうです。

余談ですが、私の両親もLooopでんきに切り替えました。

66歳の古い人間なので、説得するのに時間はかかりましたが、毎月800円くらい安くなったみたいで満足しています。

新電力に不安を感じている人は多いですが、契約の縛りや解約金もかからないので、一ヶ月試してみて、思ったより安くならなければ元の電力会社に戻せばいい話。(無料で戻せます)

私も今はLooopでんきが一番良いと思いますが、もっと良い電力会社があったら切り替えようと思っています。

会社の同僚数人に紹介しましたが、みんな月々の料金が安くなって満足そうでしたし、当サイトから申し込まれた方からもたくさんのお礼のメールを頂き私も嬉しいです。

どこの新電力にしようか迷われている方には本当におすすめのサービスです。

※電気の使用量が増える冬までに切り替えたい方へ
Looopでんきは人気なので切り替え手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金などかからないので、11月中の申し込みをおすすめします。

さらに、今申し込めば3,000円のキャッシュバックが受け取れます!

まとめ

いかがでしたか?

電気は簡単に切り替えられますが、正しい知識をもって電力会社を選ばないと思ったより安くならない場合も多いです。

この記事で紹介した情報を参考に、自分にあったお得な電力会社を探してみてください。

(未評価)

おすすめはLooopでんき

自宅の電気を「Looopでんき」にしてから1年が経過しました。

公式サイトで案内されている通りの料金になり、毎月1,000円安くなったのでとても満足しています。

心配だったトラブルもなく、私のように月々の電気代を見直して少しでも貯蓄にまわしたいという方に本当におすすめできるサービスです。

11月30日迄に下記から申し込むと3,000円のキャッシュバックが受け取れます。

11月限定!3,000円キャッシュバック

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

電力会社の失敗しない選び方について紹介しているページです。じゆうでんきでは、Looopでんきや東京ガス電気、ENEOSでんきをはじめとした新電力の申し込み方法や解約についてなどの基本的な情報はもちろん、料金や評判、メリット・デメリットの比較を、電力自由化についてあまり詳しくない方でもわかりやすく電力会社選びに役立つ情報をまとめています。