同棲・二人暮らしの電気代節約方法!これだけで1,000円安くなる!

(未評価)

二人暮らしの家庭の電気代の平均は、9,800円程度だと言われています。

使う人数が増えれば電気代が上がってしまうのは当然のことですが、できれば節約したいところ。

今回は、私が以前友人と二人で暮らしていた時の実際の体験談を交えて、電気代の節約方法をまとめました。

お得な新電力をお探しなら

基本料金0円・解約手数料0円に惹かれて「Looopでんき」に切り替えました。

シンプルな料金プランで、WEB申込み限定だからこそ出来る安さ。

毎月1,000円ちかく安くなり大変満足していますし、正直、2018年の時点でLooopでんきよりお得な新電力はないと思います。

※電気の使用量が増える夏までに切り替えたい方へ

Looopでんきは人気なので切り替え手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金もかからないので、5月中の申し込みをおすすめします。

【体験談】二人暮らしになって電気代が6,000円下がった話

私はもともと寒がりで、友人との同居以前に一人暮らしをしていた時は、寒いと思ったら構わずエアコンをつけていました。

結果、単身なのにひと月の電気代が7,000円を超えることもしばしば。

冬場は毎年電気代に悩まされていました。

しかし、節約上手な友人との同居をきっかけに、生活は劇的に変わったのです。

エアコンはやばい!こたつで大幅削減

大きく変わったのは、エアコンを使うのをやめてこたつをメインに使うようになったことです。

こたつは、暖房器具の中でもトップクラスの電気使用量の少なさです。

頻繁なエアコンの使用をやめ、メインの暖房器具をこたつに変えただけで大幅に電気代の削減ができたのです。

一人暮らしの時には7,000円を超えていた電気代が、なんと二人で2,300円程度に。

ただエアコンを使わなくなっただけで、一人あたりの電気代が6,000円も削減できてしまったのです。

最初に検針票を見た時はかなり驚きましたが、それだけエアコンは電気代をくう家電ということを身をもって実感しましたね。

あと、なんとなくエアコンを使いまくっていた頃に比べて寒さに強くなったような気がします(笑)

二人暮らしの方に一番おすすめな電気代の節約方法

電力会社を切り替える

この後、具体的な電気代の節約方法を紹介しますが手っ取り早く電気代を節約できる方法は

電力会社を切り替えることです

電力自由化がはじまり2年経ちますが、多くの方が既存の電力会社(東京電力など)から新電力に切り替えています。

電気の品質や停電のリスクもなく、料金が安くなるのが電力自由化の特長です。

私は、電力会社を切り替えることで月に1,000円近くの電気料金削減に成功しました。

今までは夏はエアコンを我慢し窓をあけて扇風機を回したり、こまめに電気を消したりしていましたが、目に見えるような電気代の節約にはなりませんでした。

電力会社の切り替えと聞くと、今まで通りちゃんと電気は使えるのか?停電しないのか?電力会社がつぶれた場合はどうなるのか?

いろいろと心配な点はあると思いますが、私たち利用者が抱える不安を国が保証する制度をつくっています。

具体的には、既存の電力会社と同じ送電網を使っているのでこれまで通り電気は供給されます。

新電力がつぶれた場合やトラブルがあった場合は、既存の電力会社から電気が供給されます。

ざっくり説明するとこのような制度を国がつくったんですね。

電力会社の切り替えはとても簡単

電力会社の切り替えは小学生でもできるくらい簡単です。

申込みは電力会社によって変わりますが、大きく分けて以下の2つになります。

●公式サイトから申し込む
●電話で申し込む

中には店舗から申し込める新電力もありますが、ほとんどの新電力は公式サイトから申し込めるようになっています。

支払い方法(口座番号やクレジットカードの情報)と検針票にかかれている情報がわかれば簡単に申し込めます。

申込みも3分程度で終わります。

申し込んだ後は今の電力メーターからスマートメーターに交換する工事がありますが、料金も無料で立ち合いの必要もありません。

工事も10分程度で終わります。

解約について

電力会社の解約方法は、次に契約する電力会社が代わりに行ってくれます。

次に契約する電力会社に申し込めんだら、あとは何もする必要はありません。

既存の電力会社から新電力に切り替える場合、解約金などはかかりません。

※新電力から新電力に切り替える場合、契約期間内に解約した場合だと解約金(2,000円)がかかる場合があります。

おすすめはLooopでんき

Looopでんきはサービスだけではなく、口コミや評判も良い新電力です。

おすすめの理由
●基本料金が0円
●解約金が0円。いつでも無料で解約できる
●とにかく安い
●ブレーカーが落ちる心配がない
●1kWhの単価がどれだけ使っても一律
●使用量がリアルタイムで把握できる
●トラブル時のサポートが充実!
●対応が良い
●契約者の評判が本当に良い

今まで、いろんな新電力について調べてきましたが、これだけの条件が揃っている新電力はありませんでした。

下の記事を読めばLooopでんきが人気の理由に納得できると思います。
⇒『【2018年人気NO1】Looopでんきの爆発的な人気の理由』

私も切り替えて一年経ちますが、毎月1,000円近く安くなりとても満足しています。

新電力に切り替えることで、トラブルなども心配していましたが、切り替えてから問題なく利用できています。

料金プランも本当にシンプルなので、複雑なことが嫌いな人にもおすすめですし、いつ解約しても違約金や手数料がかからないのでお試し感覚で申し込んで、継続される方が多いそうです。

余談ですが、私の両親もLooopでんきに切り替えました。

66歳の古い人間なので、説得するのに時間はかかりましたが、毎月800円くらい安くなったみたいで満足しています。

新電力に不安を感じている人は多いですが、契約の縛りや解約金もかからないので、切り替えてみて思っていたより安くならなければ他の電力に切り替えればいい話。

私も今はLooopでんきが一番良いと思いますが、もっと良い電力会社があったら切り替えようと思っています。

会社の同僚数人に紹介しましたが、みんな月々の料金が安くなって満足そうでしたし、当サイトから申し込まれた方からもたくさんのお礼のメールを頂き私も嬉しいです。

どこの新電力にしようか迷われている方には本当におすすめのサービスです。

※電気の使用量が増える夏までに切り替えたい方へ
Looopでんきは人気なので切り替え手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金などかからないので、5月中の申し込みをおすすめします。

申し込みは下記のLooopでんき公式サイトが安心です。

その他の電気代節約方法

その他の切り替え以外の節約方法もまとめました。

電力会社の切り替えと併用すれば、もっとお得になりますよ。

契約アンペアを見直す

基本料金がないエリアの方には関係ない話になってしまいますが、契約アンペアを見直すのも一つの手です。

東京電力が提示している主な電気機器のアンペアの目安は以下のようになっています。

電気機器アンペア数
インバータエアコン
(冷房時おもに10畳用平均)
<立ち上がり時など>
冷房:5.8A<14A>
暖房:6.6A<20A>
電気カーペット
(3畳用)
1/2面:4A
全面:8A
テレビ液晶42型:2.1A
プラズマ42型:4.9A
掃除機弱:2A
強:10A
IHクッキングヒーター
(200V)
20A~30A
(最大使用時58A)
ドラム式洗濯乾燥機
(洗濯・脱水容量9kg)
洗濯時:2A
乾燥時:13A
冷蔵庫
(450Lクラス)
2.5A
電子レンジ
(30Lクラス)
15A
IHジャー炊飯器
(5.5合・炊飯時)
13A
食器洗い乾燥機
(100V卓上タイプ)
13A
アイロン14A
ヘアードライヤー12A

自分の電気の使用スタイルと照らし合わせてみて、現在のアンペアよりも一段階下げられそうであれば検討してもいいかもしれません。

ただし、アンペアを下げることで停電が起こるリスクも上がりますし、節約できる金額も250円前後と小さいので、新電力への切り替えよりはメリットは大きくありませんね。

古い家電を買い替える

最近の家電はどんどん省エネ化が進んでいます。

10年以上使っている家電であれば、新しいものに買い替えることで大幅な電気使用量の削減になる確率がかなり高いでしょう。

ただ、新しい家電に買い替えることで将来的に電気代の節約にはなりますが、初期費用がかかってしまうのがデメリットとも言えます。

もうボロボロで買い替えを検討していたという方ならいいですが、まだまだ使えるのに買い替えるのはもったいない気もしますよね。

家電の使い方を見直す

少し努力が必要な方法ですが、生活家電の使い方を見直すのも有効な方法です。

このあと詳しく紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

家電ごとの電気代節約方法

では、家電ごとの節約方法を見ていきましょう。

基本的なものから意外と知らないものまで、簡潔にまとめてみました。

エアコン

家電の中でもかなり電気を消費するエアコン。

エアコンを正しく使うだけで、かなり節約につながります。

窓の断熱で効果アップ

夏場よりも冬場の方が電気代がかさむという経験をしたことがある方も多いでしょう。

外気温と設定温度の差が冬の方が大きいため、エアコンを使用する際の電気使用量も増えてしまうのです。

そんな時は窓の断熱をするといいでしょう。

断熱窓や断熱フィルムなどもありますが、一番手軽にできるのはカーテンを閉めることです。

部屋の温度が外に逃げにくくなり、エアコンの効率が上がります。

こまめなオン・オフは逆効果!

エアコンは室内温度を設定温度にする際に一番電気を使います。

なので、頻繁にエアコンをつけたり消したりするとまた冷えた室内温度を上げるためにたくさん電気を使ってしまうんです。

自動運転を使おう

実は、エアコンで一番電気代がかからない風量は「自動運転」なんです。

自動運転機能は、まず室温が設定温度になるまでは強風運転、そのあとは微風運転と、一番電気代がかからない方法で動いてくれます。

冷蔵庫

基本的なことですが、冷蔵庫や冷凍庫のドアを頻繁に開け閉めしてしまうとそのたびに冷気が逃げてしまうのでよくありません。

冷蔵庫を置く位置もなるべく壁から離してあげると、熱がうまく逃げるので節電につながります。

そのほか、冷蔵庫の温度を調節するのも効果的。

夏は「強」、冬は「弱」にするのがおすすめです。

また、冷蔵庫の中身がパンパンだと冷気がうまく循環しないため、効率的に冷やすことができなくなってしまいます。

そのため、電気使用量が増えて電気代も上がってしまうというわけです。

逆に冷凍庫はたくさん詰め込んだ方が節電効果があります。

隙間をなくすことでお互いがお互いを冷やし合うので、冷凍庫が頑張らなくても冷えてくれるのです。

照明器具

使っていない部屋の電気をつけっぱなしにしていませんか?

照明器具の節電には使わない電気を消すことが一番ですが、照明の種類によって節電方法がやや違ってくるので簡単にまとめました。

蛍光灯の場合

蛍光灯はつけたり消したりを頻繁に繰り返すと、寿命が短くなってしまいます。

そうなると買い替える回数が増えてしまうことになるので、結果としてあまり節約にはなりません。

リビングのように長時間つけっぱなしの場所ならいいですが、トイレや洗面所など、頻繁につけたり消したりする場所には向いていません。

白熱灯の場合

白熱灯は蛍光灯と違い、こまめに消した方が節電になります。

長時間使っていると消費電力が高くなるため、リビングなど長時間使用する部屋ではなく、トイレや洗面所、バスルームなどに使うといいでしょう。

これも蛍光灯とは真逆ですね。

LEDの場合

LEDは消費電力が少ない割に明るさがあるので、蛍光灯や白熱灯よりも節電に向いています。

LED照明自体が高価なのがデメリットと言えますが、電球の寿命も長いので買い替えの回数も少なくて済みます。

よく使う部屋はワット数が高いもの、一時的に使う部屋はワット数が低いもの、と使い分けるとより節電になりますよ。

電子レンジ

何かを温めた際にこぼれてしまったり爆発してしまったりすると、電子レンジの庫内が汚れますよね。

するとその汚れに電磁波が反応してしまい、温めの効率が悪くなってしまい、結果として無駄に電力を使ってしまいます。

また、汚れを放置しておくと発火の原因になることもあるので、常にきれいにしておくといいでしょう。

炊飯器

少ない量を何度も炊くより、たくさんの量を一度に炊いてしまった方が節約になります。

食べきれない分は保温をするのではなく、タッパーやラップに包んで冷凍しましょう。

長時間の保温をすればそれだけ電気の使用量は増えてしまいます。

ごはんの味も落ちてしまうので、食べ終わったらすぐに保温を切るようにしましょう。

洗濯機

可能であれば、少ない量を頻繁に洗濯するよりも一度にたくさんの量をまとめて洗った方が節約にはなります。

ただし、詰め込みすぎると逆に洗濯の効率が落ちたり、故障の原因になったりするので気を付けましょう。

また、洗濯物を入れる際に水を吸って重くなるタオルなどを下、下着や靴下などの軽いものを上に入れると回転がしやすくなるので節約にもつながります。

電気ポット

電気ポットの保温機能は長時間電気を消費してしまいます。

一日に何度もお湯を使うのでなければ、電気ケトルの方が節約につながります。

ポットに省エネモードがついている場合は積極的に活用しましょう。

食器洗い乾燥機

基本的なことですが、少量ずつ何度も洗うよりも一度にまとめて洗う方が回数が少なくて済むので節約になります。

また、食器洗い乾燥機は洗った食器を乾燥させる際にたくさん電力を使います。

可能であれば、ふたを開けて自然乾燥をさせるのがいいでしょう。

テレビ

見たいテレビがあるわけでもないのになんとなくテレビをつけっぱにしにしていませんか?

テレビは、こまめに電源を切るのが一番の節電になります。

また、画面の明るさを暗くしたり、音量を下げるのも節電効果があります。

お使いのテレビに省エネモードがあれば活用するといいでしょう。

パソコン

パソコンにはシャットダウンのほかにスリープ機能がありますが、どちらが節電になると思いますか?

マイクロソフト社の調査によると、90分以内の離籍であればスリープを使った方が節電になるんだそうです。

もちろんシャットダウン後の待機電力とスリープ中の待機電力ではスリープ中の方がたくさんの電力を消費します。

しかし、パソコンは起動やシャットダウンの際に一番多くの電力を消費するので、ちょっとパソコンから離れるだけであればスリープの方がお得なんです。

そのほか、外付けモデムやホームゲートウェイ機器なども多くの待機電力を消費するので注意が必要です。

掃除機

掃除機の吸引設定の「強」と「弱」とでは、消費電力が大幅に変わってきます。

細かなほこりをサッと吸うだけであれば弱で十分なので、部屋の汚れ具合によって使い分けるといいでしょう。

また、掃除機のフィルターが汚れていると吸引力が落ちてゴミを吸いきれず、長時間掃除機を使うことになってしまいます。

効率よく掃除機を使うためにも、フィルターはこまめに掃除するようにしましょう。

トイレ

冬場に重宝するウォシュレットの便座保温機能ですが、つけっぱなしにしていると24時間ずっと電気を消費していることになります。

保温機能の代わりに厚手の便座カバーを使うなどして節約しましょう。

どうしても保温機能が使いたい!という場合は、トイレを使わない間にふたを閉めているだけでも節電効果がありますよ。

アイロン

アイロンはスイッチを入れて温度が上がりきるまでに一番電力を消費するので、できる限りまとめてアイロンがけをしてしまうといいでしょう。

また、アルミコーティングがされているアイロン台を使うのもおすすめです。

アルミは熱伝導率が高いので、熱くなったアイロン台とアイロンのダブルで熱をかけることができ、アイロンがけの効率が上がります。

結果としてアイロンを使う時間が短くなり、節電につながるというわけです。

そのほか、低めの温度設定でもしわが伸びやすくなるというメリットもあります。

浴室乾燥機

洗濯物を急ぎで乾かしたい時にはとても便利な浴室乾燥機ですが、消費電力が高いので、頻繁に使うと電気代もかさんでしまいます。

どうしても明日までにこの服が着たいんだ!という緊急の場合以外は、極力自然乾燥させるようにしましょう。

コンセントを抜いて待機電力をカット!

電源をつけていなくても、コンセントをさしているだけで消費してしまう電力を待機電力と言います。

電気使用量のおよそ5~10%が待機電力と言われているので、極力カットしておきたいところですよね。

電源タップを使用するとコンセントを抜き差ししなくてもスイッチの切り替えだけで待機電力をカットできるのでおすすめです。

とはいえ、全部の家電のコンセントを抜いた方がいいというわけではありません。

テレビやレコーダーのコンセントを抜いてしまうと、再び使用した際にその都度番組表などのデータを受信するため、たくさんの電気を消費してしまいます。

逆に電気代がかさんでしまうこともあるので注意しましょう。

節約におすすめの暖房器具

寒い冬を乗り切るためには暖房器具は欠かせませんよね。

ここでは、節約に適している暖房器具とかかる電気代についてまとめていきます。

こたつ

●1時間あたりの電気代:2~5円程度

日本人にはおなじみのこたつ。

足元の限られた空間だけを暖めるので電気をあまり使わずに済みます。

上半身は半纏などで温めて、足元はこたつで温めるようにすると意外と寒さをしのげますよ。

ホットカーペット

●1時間あたりの電気代:2~4円程度

床に直で座ることがある方にはホットカーペットもおすすめです。

ひざ掛けや半纏などと併用するとかなり防寒になりますし、半分だけなど必要な面積だけ暖めることでさらなる節約も期待できます。

電気毛布

●1時間あたりの電気代:0.1~1円程度

寝る時にどうしても寒くて暖房をつけてしまうという方は、電気毛布を使うといいでしょう。

電力使用量もかなり少ないので、8時間つけっぱなしでもエアコンの1時間分の電気代より安く済みます。

電気あんか

●1時間あたりの電気代:0.01~0.15円程度

こたつ同様、昔ながらの暖房器具です。

電気代もさることながら、電気あんか自体も安く購入できる点がいいですね。

安いもので1,000円程度で買えるので、手っ取り早く安い暖房器具に替えたいという方にはおすすめです。

エアコンは電気代がかさむ!

上記のような部分的に暖める暖房器具は電力使用量も少ないですが、逆に空間全体を暖めるものは電力使用量も多いです。

エアコンは部屋全体が暖まり快適ですが、その分電気代もかさんでしまいます。

そのほか、セラミックヒーターやオイルヒーター、電気ストーブなども電気代を食うので注意しましょう。

2人暮らしで電気代を節約するために必要なこと

月々の電気使用量と料金を2人で把握する

どんなに心を許した相手だとしても、一緒に暮らすとなると色々と問題は起きるもの。

電気代を節約したくても、相手が協力してくれなくてはいつまでたっても節約できません。

いろんな節約方法を紹介してきましたが、大切なのは月々の電気使用量と料金を2人でちゃんと把握することです。

企業が社内報などに社訓を掲載するのも意識の統一が目的です。

毎月の使用量と料金をデータで管理して共有するのが理想ですが、めんどくさい場合、検診票を目の届くところに張るなどするだけでも良いでしょう。

はじめは面倒だと感じるかもしれませんが、習慣化してきます。

また、先月より節約できた場合には喜びも共有できるので、さらなる節約につながるでしょう。

生活サイクルをあわせる

わざわざ説明するまでもないかもしれませんが、電気を使う時は起きている時間帯がほとんどです。

就寝時間や起床時間など生活サイクルを合わせることで、電気代の節約が期待できます。

とはいえ、一緒に暮らしていて生活サイクルまで合わせるとなると息苦しく思う方も多いですよね。

そういう場合は、可能なときだけ就寝時間を決めてみるのがおすすめです。

週に何日か、お互いが無理のない範囲でこの時間までには布団に入る。

できるだけ早い時間に設定するだけ、電気代は節約できるだきますし、健康的な生活も送れるのでとてもおすすめです。

無理のない程度にまずは2人で話あって小さなところから改善してみてください。

節約した金額はご褒美にまわす

節電!節電!と励んでいても人間のモチベーションはなかなか続かないもの。

そもそもモチベーションはコントロールするものだと思うので、節約した金額でなにかご褒美を設定しましょう。

なんの目標もなく永遠と電気代の節約に励める人なんていません。

●美味しいごはんを食べにいく
●家具を新調する
●温泉にいく

なんでもかまいません。

その時は2人で楽しめるご褒美を設定しましょう。

はじめは先が長くて漠然としてしまうかもしれませんが、目標金額が迫ってくると更に節電に力がはいるものです。

まとめ

いかがでしたか?

電気の節約方法を紹介していきましたが、実践できそうなものは見つかったでしょうか。

とはいえ、染みついた生活習慣を変えるのはなかなか難しいという方もいるでしょう。

そんな場合はやはりLooopでんきのような安い新電力に切り替えてしまうのが一番手軽でストレスがありません。

家電の使い方を見直すことで節約できる額は微々たるものですが、新電力への切り替えであれば大幅な削減も期待できます。

新電力への切り替えってめんどくさそう……と思いがちですが、複雑な手続きなどはないので簡単に切り替えられるんです。

また、切り替えることで電気の質が落ちたり停電が増えたりすることもないので、今まで通り電気を使うことができます。

詳しいことは他の記事でしっかりと書いているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

(未評価)

家庭向けの電気乗り換えなら

自宅の電気を「Looopでんき」にしてから1年が経過しました。

公式サイトで案内されている通りの料金になり、毎月1,000円安くなったのでとても満足しています。

心配だったトラブルもなく、私のように月々の電気代を見直して少しでも貯蓄にまわしたいという方に本当におすすめできるサービスです。


Looopでんきの公式HP

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)