中部電力の料金プラン一覧を新電力(PPS)と比較してみよう

(未評価)
中部電力の料金プラン一覧と新電力を比較する

長野県、岐阜県、三重県、愛知県、静岡県のエリアを管轄とする、中部電力の料金プラン一覧を紹介します。

中部電力エリアでは、浜岡原子力発電所のことがメディアで取り上げられることが多いですが、今後の電気料金にも大きく関わってきそうなので注視しておきましょう。

それでは一般家庭向けの料金プランを紹介していきますが、新電力に乗り換えする際に今の電力会社との比較は必須なので、中部エリアの方はしっかり確認するように。

家庭向けの電気料金プラン一覧

中部地方を管轄している中部電力では、一般家庭向けに大きく分けて4つの料金プランがあるので、それぞれの特徴とおすすめする家庭のタイプを解説します。

従量電灯B・C

おすすめ:昼夜問わず電気を使用する家庭

  • 24時間の料金単価が同じ
  • 昼間も夜間も平均的に使用している
お得メーター

中部電力で最もメジャーな料金プランとなっており、昼夜問わず電気を使用している家庭向けの料金プランです。

タイムプラン(時間帯別電灯)

おすすめ:ライフスタイル夜型の家庭

  • 23時から翌朝7時まで料金が安い
  • 夜間の時間帯に使用する事が多い方
お得メーター

昼間の時間帯は外出していて、夜間に電気を使うことが多い方にはおすすめの料金プランとなります。

ピークシフト電灯

おすすめ:夏場のピーク時に利用が少ない家庭

  • 23時から翌朝7時まで料金が安い
  • 夜間の時間帯に使用する事が多い方
お得メーター

夏場のピーク時(平日13時~16時)の時間帯に、在宅していない場合は特に料金を安く抑える事が可能な料金プランとなります。

Eライフプラン(3時間帯別電灯)

おすすめ:オール電化住宅で夜型の家庭

  • 23時から翌朝7時まで料金が安い
  • オール電化住宅なら割引あり
お得メーター

電力使用のビークタイムにあまり使用せず、夜間に使用をずらすほど料金を安く抑えられます。また、オール電化住宅なら割引もありおすすめです。

地域独占の電力会社10社

新電力の料金プランは?


新電力の料金プランは『新電力の料金プランから選ぶ』をご覧ください。

(未評価)

コメントを残す

*