まさかコンビニ払い?口座振替やクレジットカードの節約術

評価:3.33 - 3件の票数
電気料金の支払いをクレジットカードや口座振替に変更

この記事をご覧になっているということは電気代の節約をお考えだと思いますが、まさか電気料金の支払い方法をコンビニ払い(請求書)にしてませんよね?

ほとんどの方が支払方法を変更されているはずなので記事を更新する意味があるか考えましたが、これから始める方がいることを考慮してコンビニ払いのデメリットや、変更するだけで節約になることを紹介します。

ただ、はじめに言っておきますが、変更したからといって大きな金額を節約できるわけではないのでそのつもりで。

電気料金の支払い方法

まず、電気料金の支払い方法にどんな種類があるかご存知でしょうか?社会人になって一人暮らしをされている方であればほぼ100%知っているとは思いますが、以下の3種類から選ぶことができます。

  • 振込み用紙
  • 口座振替
  • クレジットカード

振込み用紙払いとは、電力会社より送られてくる請求書兼振込用紙の支払い方法です。引越しなどで電気やガスを契約すると思いますが、新規の契約であればこの方法がデフォルトの設定になっています。

振込み用紙払いでもメリットはある

振込み用紙から支払い方法を変更した方が良い!って伝える記事ではありますが、デメリットばかり伝えてもしょうがないのでメリットがある事もお伝えしておきます。

  • お財布の事情に合わせて支払うことができる

思い当たるメリットはこれだけですが、その日暮らしをしている人にとってはとても大きな事だと思います。ちなみに私が学生の時はお金が全くなくて、公共料金すら払うことが出来ずによく止まっていた記憶があります。そういった境遇の方であれば支払い方法を変更しなくても良いのでは・・と思ってしまうのも事実です。

また、世の中的になぜ口座振替やクレジットカードへの切り替えを推奨しているのかしっていますか?それは徴収する企業側の事情が大きく関係しており、振込み用紙を送るより回収率が明らかに向上するからです。

メリット以上のデメリットが・・

振込み用紙払いにしていると支払いが大変

上記のようなメリットも存在しますが、それ以上のデメリットがあることも理解しておかなければいけません。

  • 支払い忘れでもライフラインが止まってしまう恐れ
  • 金融機関やコンビニへ支払いに行く手間

支払い方法を振込み用紙払いにしている人は、電気料金だけでなく全ての支払いで同じ方法をとっているはずです。そうなると問題になるのが「支払い期日のずれ」が生じる問題です。

15日までだったり月末だったり・・お財布やカバンにしまっておいた事さえ忘れ、支払期日が過ぎた頃に気づく事もしばしば。そうしているうちに「ライフラインが止まってしまった」という最悪なケースになりかねません。

口座振替・クレジットカードであれば、節約以外にも時間的な制約を受けないメリットがあることも覚えておきましょう。

口座振替の節約術

口座振替・クレジットカードでどれくらい節約できる?余談が長くなってしまい申し訳ありませんが、ようやく本題に移らせていただきます。

口座振替・クレジットカードの支払い方法についてはご存じだと思うので割愛しますが、変更することによって受けられるメリットを紹介していきます。

ただ、口座振替とクレジットカードを一緒の扱いをしているようにお伝えしていますが、その2つにも違いがあるので注意が必要です。

口座振替に変更するだけで50円割引

電気料金の支払い方法を口座振替にすると、毎月50円の割引を受けることができ、年間で600円節約することが可能となります。「え!600円・・」と声が聞こえてきましたが、節約というのはこのような金額でコツコツ行うものです。

毎月50円は大手電力会社の割引きであって、新電力では金額が前後する可能性もあります

電気代だけだと毎月50円ですが、電気料金の支払い方法を口座振替にするのであれば、他のガスや水道なども変更していくと思われます。そうすると電気と水道それぞれ50円ずつ割引があるので、合わせて100円(年間1,200円)の割引を受けられます。

しかも、忘れてはいけないのが「支払いに行く手間がなくなったこと」です。時間はお金で買うことはできないので、変更してあなたが受けるメリットは割引だけではないのです。

割引されない公共料金や通信費もある

支払いに行く手間がなくなることに変わりはありませんが、ガス料金を口座振替にしても割引くサービスは実施していません。今後、ガスの自由化で競争が激化してきたら実施するでしょうが、支払方法の変更をする前に必ず確認するようにしてください。

また、携帯電話などの通信費に関しても、口座振替で割引している情報はあまり見かけません。通信費の利用分で少しでも得したいのであればクレジットカードが良いかもしれません。

クレジットカード払いの節約術

クレジットカードの支払いはポイント重視

口座振替では電気・水道で割引を実施していますが、徴収する企業はクレジットカード払いだと、JCBなどのカード会社に決済手数料を払わなくてはいけなくなり、料金から割引を実施していないのが現状です。

「クレジットカードより口座振替がおすすめなの?」

一概にそうとも言えません。割引のことをお伝えしている私個人の支払い方法はクレジットカードにしてあり、そうしている理由もしっかりあります。それは決済される金額によって付与されるポイント目当てです。

最近では様々な企業がタイアップしたクレジットカードを見かけますが、はたしてどのカードが一番おすすめなのか迷われている方が多いはずです。私なりにまとめてみたので参考にしてみてください。

決済額(月) おすすめはこんなカード
~30,000円 年会費無料、よく利用するお店や電車関連(セブンイレブンやJRなど)
~100,000円 年会費3千円程度、マイル+よく利用するお店(ANAカードやYahooなど)
~300,000円 年会費3万円まで・マイルを優先したカード(JCBゴールドなど)
それ以上 年会費10万円まで・マイルを優先したカード(AMEXなど)

月々の決済金額があまり多くない場合は、普段よく利用するセブンイレブンや通勤でポイントが貯まるカードなどがおすすめです。また、利用額が少ないのに年会費を支払っていたら足が出るので無料必須です。

利用額がそれなりの金額の方であれば、間違いなくマイル優先で貯めて行った方が良いでしょう。一番やってはいけないのが複数のカードを保有して別々のポイントを貯めることです。ひとつにまとめるだけで国内旅行ぐらいならすぐ行けるマイルが貯まるはずです。

利用額が少なければ増やせばいい

理由があってクレジットカードを活用していないのであれば別ですが、口座振替や現金で利用している金額は多い方は、以下のことを実践するだけで驚くほどポイントが貯まっていきます。

  • 公共料金をすべてカード払いにする
  • 通信(携帯・インターネット・NHKなど)カード払いにする
  • 家賃の支払いをカードにできないか確認
  • 国民年金をカード払いにする
  • 生命保険や医療保険をカード払いにする

上記の支払いをすべてクレジットカード払いにすれば、所得にもよりますが軽く10万円以上の利用額となるでしょう。それを1枚のクレジットカードで決済するようにし、ひとつの航空会社のマイルに貯めてみてください。その生活を2、3年続ければ・・

貯めたマイルでハワイ旅行に行くことも可能です

別にハワイなんて行きたくないという方は、貯めたマイルを商品券に変える事だってできます。それをチケットショップに持っていけばお小遣いにする事だってできます。公共料金、通信費、保険など削ることができないものでも、活用次第では得することができることだけは覚えておきましょう。

口座振替とクレジットカードお得なのは?

どちらか白黒はっきりさせるのは非常に難しいことですが、当サイトの管理人である私の独断と偏見で判断させていただきます。

  • 支払い方法の変更手続きが楽にできる
  • 1ヵ月に1回の引き落としで管理がしやすい
  • 提携しているカードによって付加価値が大きい
  • 現金を必要以上に持たなくて良い

上記の理由から私はクレジットカードにまとめた方が得だと思います。

変更手続きが楽にできる

支払い方法の変更手続きでクレジットカードにする場合、カード会社・有効期限・カード番号・セキュリティコードのみの入力で、インターネットを介してその場で手続きを完了できます。

口座振替だとネット銀行が駄目だったり、登録している印鑑を押印して郵送しなくてはいけなかったりします。最近、スマホアプリで手続きが可能なサービスも一部ありますが、まだ全てに普及していることではありません。

家計の管理がしやすくなる

1ヵ月に1度の引落し日しかないこと、そしてインターネットで利用したものの管理をするツールが充実していカード会社が多いです。口座振替であってもネットバンキングサービスはだいぶ充実してはきましたが、決済日がすべて異なるのでクレジットカードに比べると管理しにくいかもしれません。

還元されるポイントが魅力的

クレジットカードで決済する最大のメリットはポイントの還元だと思います。

あなたに一番適したポイントを貯めることに越したことはありませんが、万能なマイレージなどのポイントを貯めておけば、気づいた時には驚きの特典と交換することが可能となります。利用額に見合った年会費を理解しておけば、間違いなく得することができるものです。

不必要な現金を持たなくてよい

お財布に現金をたくさん入れていると、どうしても気持ちが大きくなって衝動買いしてしまう人が多いのではないでしょうか。カードで払ってしまえば同じ事ですが、不必要な現金を持たなくて良くなるのはメリットの方が大きいですし、万が一の時でも利用することもできます。

クレジットカード利用のリスクや注意点

クレジットカード利用の注意点

私自身がクレジットカードに依存しているといっても過言ではありませんが、利用するうえでのリスクや注意点は理解しているつもりです。

というのも、社会人になりたての未熟な時に痛い目に遭った経験があり、クレジットカードの魔術にはまったことがあります。

良い依存なら良いのですが、振ったらお金が出てくる感覚に陥ってしまうと、利用したお金が一時的な借金ということを忘れてしまう危険性があります。

  • 利用した翌月以降の支払いになるので家計のバランスが崩れる
  • 後先考えず利用して、リボ払いに依存してしまう

などのリスクがあることを念頭においておくことが重要です。正しい使い方をすれば強い味方になってくれるクレジットカードなので、上記リスクや注意点だけは常に考えて利用していくことを忘れないでください。

まとめ

ここまで読み疲れる記事にするつもりは全くなかったのですが、伝えたい事をタラタラ書いていたらこのような結果となってしまいました。最後まで読んでくれた方には感謝、感謝です。

最終的にクレジットカードが得と結論付けましたが、電気や水道で割引サービスがある口座振替にするのも得であることに変わりはありません。クレジットカードと上手く付き合えない人も大勢いるので、決して無理する事ではないことを最後に伝えておきます。

どちらにしても当サイトではあなたが得する事しか発信しないので、ご自身の立場で他の記事も読んでもらい少しでもお役に立てればと思っています。SNSなどのボタンを設置しているのでよろしければシェアお願いします。

評価:3.33 - 3件の票数

コメントを残す

*