新電力の評判や口コミ|【電力自由化】新電力の評判・比較まとめ

電力自由化で強制的に契約していた電力会社から乗り換えを検討する際、新電力の評判や口コミは必ず確認するようにしてください。

 
更新日:2018/09/11

親指でんきの評判・料金・サービス比較!実はこんなにメリットがあった

     

新電力会社の中でも、まだ知名度の低い「親指でんき」。

しかし、親指でんきは「Looopでんきと全く同じで格安な料金体系が特徴です。
他にも以下のような無料のサービスやお得なプランも提供しており、おすすめできる電力会社です。

  • 全国エリアに電力提供
  • 基本料金0
  • 解約手数料0
  • 初期費用0
  • 切替のリスク0

その魅力を他社のサービスと比較し、おすすめできるポイントについて解説します。
世間の評判や口コミについてもリサーチしています。

さらに新電力の中で一番推しているLooopでんきについても紹介していますので、是非チェックして下さい!

新電力の『あしたでんき』がおすすめ

あしたでんきは東京電力100%の子会社です。

基本料金が0円なので、毎月1,000円前後かかっていた基本料金分の金額がまるっとお得になるのが魅力ですね。

よく比較されるLooopでんきよりも従量料金が安いのも人気の理由でしょう。

また、解約金・違約金も0円なのでいつでも気軽に解約できます。

元の電力会社に戻すことも簡単にできるので、お試し感覚で契約する方も多く、2018年9月現在申し込み者が急増しています。

※電気の使用量が増える冬までに切り替えたい方へ

使用量の増える冬に向けて手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金もかからないので、9月中の申し込みをおすすめします。

親指でんきはおすすめできる新電力です

親指でんきは、2018年の1月にサービスを開始し、そのユニークな名前も会社の詳細も世間には浸透されていません。

しかし、他の電力会社と比較してみると、かなりお得になるサービスが目白押しです。

親指でんきの特徴はLooopでんきと同じ

親指でんきの料金体系は、格安で大人気の電力会社「Looopでんき」と同じであり、さらに「4つの0」という4つの0円サービスも魅力的です。

その「4つの0」について解説していきます。

基本料金が0円

親指でんきは、まず新電力を試して欲しいという思いから、基本料金を0円にしています。

これは全国の提供エリア全て対象です。

解約手数料0円

親指でんきは、解約をする場合の解約手数料は0円です。

もし契約期間の途中で解約するとしても、解約手数料は0円です。

初期費用0円

電力を切り替える際の事務手数料や、専用機器(スマートメーター)の設置に関わる費用も0円です。
つまり、最初にかかる費用は0円ということです。

従量料金

全国に提供エリアを持つ親指でんき。
従量料金(電力の単価)はエリアごとに以下の単価で一律して計算します。
※従量電灯A・Bの場合

供給エリア
基本料金従量料金
北海道電力
0円29円(税込)/kWh
東北電力0円26円(税込)/kWh
東京電力0円26円(税込)/kWh
中部電力0円26円(税込)/kWh
北陸電力
0円21円(税込)/kWh
関西電力0円22円(税込)/kWh
中国電力0円24円(税込)/kWh
四国電力0円24円(税込)/kWh
九州電力
0円23円(税込)/kWh

この料金体系は、Looopでんきと全く同じで、とてもお得な金額となっています。

親指でんきをおすすめできる理由

親指でんきをおすすめできる理由として、他社との比較を以下の表にまとめました。
今回は人気が続いている以下の新電力会社と比較しています。

  • ENEOSでんき
  • Looopでんき
  • HTBエナジー

この表に沿っておすすめできるポイントについて解説します。
※横にスクロールできます。

新電力会社電力提供エリア電気使用が多いほどお得解約金・違約金口座振替対応
ENEOSでんき東京電力エリアのみ
お得
ある
(にねんとく²割の2年未満の解約)
ある
HTBエナジー全国
(沖縄・一部離島を除く)
お得ではないある
(電力供給開始日より1年未満の解約)
ある
Looopでんき全国
(沖縄・一部離島を除く)
お得ないない
親指でんき全国
(沖縄・一部離島を除く)
お得ないある

親指でんきをおすすめできるポイントは以下の4つになります。
表と照らし合わせて読んで下さい。

全国に電力供給エリアがある

「4つの0」に加えて、親指でんきのおすすめできる部分は全国に電力提供エリアがあることです。
主な電力エリアは以下のとおりです。

  • 北海道電力エリア
  • 東北電力エリア
  • 東京電力エリア
  • 中部電力エリア
  • 関西電力エリア
  • 中国電力エリア
  • 四国電力エリア
  • 九州電力エリア

沖縄や離島を除いた全国が対象になっていますので、ほとんどの地域の方々は親指でんきの契約が可能です。

お得なサービスが多いENEOSでんきは、関東電力エリアのみでしか契約できません。
全国で使用できる新電力会社がポイント高いですね。

解約金・違約金がない

親指でんきには、解約金や違約金がありません。
これは親指でんきの「まずはお試ししてほしい」という思いからとのこと。

さらに最低契約期間や制限もなく、自己都合の解約でも0円です。
良心的というより、非常に親切な会社ですね。

ENEOSでんきの場合、2年間の契約で料金プランがさらに安くなる「にねんとく²割」があり、契約期間中に解約すると解約金1,080円(税込)が発生します。

HTBエナジーだと電力供給開始日から1年以内に解約すると2,000円(税別)が発生します。

電力の使用量が多いほどお得

基本料金が0円の親指でんきとLooopでんきは月々の電気料金は従量料金(1kWhあたりの電力の単価)×使用した電力量になります。

しかも従量料金は契約アンペア数に関係なく設定されているので、使用電力量が多い人ほどお得になるのです!

基本料金があるENEOSでんきとHTBエナジーは、基本料金+従量料金(1kWhあたりの電力の単価)×使用した電力量になります。

口座振替に対応できる

月々の支払いをクレジットカード決済にしている新電力会社が多い中、ENEOSでんき、HTBエナジー、親指でんきは口座振替に対応しています。

今回の比較の中では、Looopでんきだけが口座振替に対応していません。

クレジットカードを持っていない人や、持っていても使うことに抵抗がある人にとっては口座振替に対応していると安心ですね。

新電力の『あしたでんき』がおすすめ

あしたでんきは東京電力100%の子会社です。

基本料金が0円なので、毎月1,000円前後かかっていた基本料金分の金額がまるっとお得になるのが魅力ですね。

よく比較されるLooopでんきよりも従量料金が安いのも人気の理由でしょう。

また、解約金・違約金も0円なのでいつでも気軽に解約できます。

元の電力会社に戻すことも簡単にできるので、お試し感覚で契約する方も多く、2018年9月現在申し込み者が急増しています。

※電気の使用量が増える冬までに切り替えたい方へ

使用量の増える冬に向けて手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金もかからないので、9月中の申し込みをおすすめします。

親指でんきに切り替えるといくらお得になる?

やはり一番気になるのは、切り替えた後の電気料金が本当に今より安くなるのかという部分です。

親指でんきのプランについての説明や以下の場合のシミュレーションについても解説していきます。

  • 少人数世帯の場合
  • 4人家族の場合
  • 5人家族の場合

親指でんきと料金体系が全く同じLooopでんき、各地域の電力会社、そして親指でんきの3社で比較しています。

ここは最も重要な部分ですので、最後まで読んでいきましょう。

親指でんきのプラン内容は3種類

親指でんきには以下の3つのプランがあります。

いいねプランA (従量電灯A)

一般家庭向け。
基本料金は0円。
いくら使っても従量料金の単価は変わりません。

関西・中国・四国電力エリアで、最大需要容量が6kVA(キロボルトアンペア)未満の方が対象です。

いいねプランB (従量電灯B)

一般家庭向け。
基本料金は0円。
いくら使っても従量料金の単価は変わりません。

北海道・東北・東京・中部・北陸・九州エリアで、現在契約中のアンペア数が30~60Aの方が対象です。

いいねプランC (従量電灯C)

主に事務所、商店、飲食店などの電気を多く使用する店舗向け。

ほぼ全ての地域が対象で、従量料金が固定制のプラン。
いくら使っても単価は変わりません。

現在契約中の容量が6kVA以上の方が対象となります。

少人数世帯にはお得感が伝わりづらいかも

世帯の人数や電気の使用頻度によってどのようにお得になっていくのか、まずは以下のように2人家族の場合からシミュレーションをしてみました。

※2人家族の平均使用量で計算し、年間の削減額を記載してあります。

年間のお得額親指でんきLooopでんき
北海道電力エリア12,914円お得13,054円お得
東北電力エリア6,561円お得2,097円お得
東京電力エリア8,657円お得8,810円お得
中部電力エリア4,318円お得4,397円お得
北陸電力エリア8,209円お得7,229円お得
関西電力エリア21,770円お得14,203円お得
中国電力エリア11,398円お得11,582円お得
四国電力エリア12,549円お得9,419円お得
九州電力エリア6,613円お得6,716円お得

親指でんきの場合、2人暮らしの家庭の電気代は少しだけお得になるようです。
月ごとで見ると数百円ずつのお得額ですが、年間で考えると1万円前後お得になるエリアもあります。

Looopでんきも地域によっては親指でんきと同じくらいお得になる場合もありますが、そこまでお得にはならないようです。

3人家族からお得度が上がる

家族の数や電力の使用頻度が多ければ多いほど、地域の電力会社よりも親指でんきの方が格段にお得になっていきます。

※3人家族の平均使用量で計算し、年間の削減額を記載してあります。

年間のお得額親指でんきLooopでんき
北海道電力エリア19,653円お得19,816円お得
東北電力エリア12,438円お得7,712円お得
東京電力エリア
12,438円お得12,589円お得
中部電力エリア7,892円お得7,967円お得
北陸電力エリア11,270円お得11,348円お得
関西電力エリア22,577円お得22,874円お得
中国電力エリア11,909円お得12,096円お得
四国電力エリア13,154円お得12,096円お得
九州電力エリア10,383円お得10,484円お得

地域の電力会社よりも、年間のお得額も高くなっています。
Looopでんきもこの辺りから親指でんきと差がないほどお得額が上がってきています。

月に換算するとだいたい1,000円~2,000円ほどですので、ランチ2回分が毎月浮くような感覚ですね◎

4人家族の世帯だとお得額が格段に高まる

家族の人数が4人となれば、電気の使用量も結構多くなります。
地域の電力会社の料金に対して、親指でんきやLooopでんきそれぞれのお得額は以下のように跳ね上がりました。

※4人家族の平均使用量で計算し、年間の削減額を記載してあります。

年間のお得額親指でんきLooopでんき
北海道電力エリア26,583円お得26,762円お得
東北電力エリア18,491円お得13,442円お得
東京電力エリア18,491円お得18,652円お得
中部電力エリア12,575円お得12,657円お得
北陸電力エリア15,470円お得15,553円お得
関西電力エリア27,865円お得28,194円お得
中国電力エリア15,268円お得15,473円お得
四国電力エリア17,120円お得18,329円お得
九州電力エリア15,640円お得15,745円お得

特に関西電力エリアだと、年間のお得額が25,000円を超えています!
このぐらいお得になるならば、新電力に切り替えていないのがもったいなく感じます。

Looopでんきも3万円近くお得になっています。
年間で3万円浮くのはかなり大きいですね!!

親指でんきに切り替えるデメリット

親指でんきに切り替えることでデメリットも存在します。

どの部分をデメリットだと感じるかは個人差がありますが、他の新電力会社と比べてみて、物足りなさを感じる部分を紹介します。

セット割などのお得な特典等はない

親指でんきにはセット割などのサービスはなく、提携しているクレジットカードやポイントなどの特典もありません。

連動するサービスも今のところありませんので、現在の契約内容がセット割などに適用しているならば、親指でんきに切り替えたことでその割引もなくなります。

親指でんきの料金シミュレーションで試算して、現在の契約プランとの差額などを事前に確認しておいたほうがいいでしょう。

キャンペーンも開催されていない

入会キャンペーンや、他の企業とのコラボイベントなども今のところは開催されていないようです。

頻繁に期間限定イベントなどを開催しているENEOSでんきなどと比べると、少々物足りなく感じるでしょう。

電気トラブル時のアフターサービスがない

親指でんきには、他の電力会社にあるような「24時間対応してくれるアフターサービス」などはありません。

契約中の電気のトラブルや、ブレーカーが落ちやすくなったりした場合は、別途電気工事会社に依頼しなければなりません。

その際は毎回、料金が発生する可能性があることも考えておいたほうがいいでしょう。

使用量の見える化サービスがない

他の新電力会社で実施していることが多い「電力使用量の見える化」サービス。
電気のメーターとWebやアプリケーションが連動して、今どのぐらい電力を使用しているのかを、日ごとや時間ごとでリアルタイムに見ることができるサービスです。

電気節約などの足がかりにもなる便利なツールなのですが、親指でんきには今のところそのようなサービスはありません。

やはり親指でんきの一押しポイントは格安な料金体制と「4つの0」です。

余計なサービスや割引には拘らないという人には合う会社でしょう。

新電力の『あしたでんき』がおすすめ

あしたでんきは東京電力100%の子会社です。

基本料金が0円なので、毎月1,000円前後かかっていた基本料金分の金額がまるっとお得になるのが魅力ですね。

よく比較されるLooopでんきよりも従量料金が安いのも人気の理由でしょう。

また、解約金・違約金も0円なのでいつでも気軽に解約できます。

元の電力会社に戻すことも簡単にできるので、お試し感覚で契約する方も多く、2018年9月現在申し込み者が急増しています。

※電気の使用量が増える冬までに切り替えたい方へ

使用量の増える冬に向けて手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金もかからないので、9月中の申し込みをおすすめします。

親指でんきの口コミ・評判

親指でんきの評判や口コミについて、生の声はないものかと探してみました。
親指でんきについての評価や口コミについてはまだ何も見つかりませんが、運営会社の「ユビニティー」についての評判がいくつか上がってきましたので、以下で紹介します。

※あくまで個人の意見ですので、信憑性については定かではありません。

こちらは解約をする際のひとコマのようです。
「0円」と謳っているサービス以外は完全に有料になるのでしょうか?
いざというときに大きい金額を請求されるのは怖いですね。

ユビニティーは6つの事業展開をしていますので、その中のどれかの事業の営業についてのことでしょうか?
営業は会社というよりも人間性が際立ちますので、虚偽の発言をすると会社全体のイメージが損なわれてしまいますし、場合によっては法律違反になりかねません。

運営会社のユビニティーについての辛辣なコメントはありましたが、親指でんきについての口コミや評判はやはりまだ見当たりません。

まだ開始して間もないからかもしれませんね。

親指でんきよりあしたでんきがおすすめ

あしたでんきはサービスだけではなく、口コミや評判も良い新電力です。

おすすめの理由
●基本料金が0円
●解約金が0円。いつでも無料で解約できる
●とにかく安い
●ブレーカーが落ちる心配がない
●1kWhの単価がどれだけ使っても一律
●使用量がリアルタイムで把握できる
●トラブル時のサポートが充実!
●対応が良い
●契約者の評判が本当に良い

2018年9月現在、これだけの条件が揃っている新電力はありませんでした。

下の記事を読めばあしたでんきが人気の理由に納得できると思います。
⇒『【2018年!満足度NO1】あしたでんきの申し込みが急増中』

料金プランも本当にシンプルなので、複雑なことが嫌いな人にもおすすめですし、いつ解約しても違約金や手数料がかからないのでお試し感覚で申し込んで、継続される方が多いそうです。

新電力に不安を感じている人は多いですが、契約の縛りや解約金もかからないので、一ヶ月試してみて、思ったより安くならなければ元の電力会社に戻せばいい話。(無料で戻せます)

私も今はあしたでんきが一番良いと思いますが、もっと良い電力会社があったら切り替えようと思っています。

当サイトから申し込まれた方からもたくさんのお礼のメールを頂き私も嬉しいです。

どこの新電力にしようか迷われている方には本当におすすめのサービスです。

※電気の使用量が増える冬までに切り替えたい方へ
あしたでんきは人気なので切り替え手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金などかからないので、9月中の申し込みをおすすめします。

申し込みは下記のあしたでんき公式サイトが安心です。

親指でんきを申し込む前に抑えておきたいポイント

親指でんきを申し込む前に、以下のポイントを一度チェックしておいたほうがいいでしょう。

  • 運営会社ユビニティーについて
  • 申し込み方法
  • 引っ越しの場合
  • 電源構成
  • 工事費

個人的に必要があれば押さえておいたほうが良いポイントですので、サッと流し読み感覚で目を通しておいて結構です。

株式会社ユビニティーが運営している

親指でんきを運営している「株式会社ユビニティー」は、もともと中小企業向けの省エネコンサルティング会社です。
ユビニティーが展開している事業は以下のとおりです。

  • エネルギー管理支援サービス事業
  • 電力コンサルティング事業
  • 節水コンサルティング事業
  • LED照明コンサルティング事業
  • 太陽光オール電化事業
  • 電力小売(PPS)事業

ユビニティーは、通常業務として全国の中小企業に節電節水をメインとした経費削減や省エネ方法を提案しています。
その事業展開のひとつに親指でんきがあります。

このような事業体質だとわかると、「4つの0」が実現できているのが頷けます。

親指でんきの申し込み方法

親指でんきに切り替える際の手続きや流れは、以下になります。

  • 親指でんきのWebサイトまたは電話で申し込む
  • スマートメーターの設置
  • 親指でんきの供給開始

他の電力会社と同様、親指でんきも申込み手続きを行った後は、スマートメーターの設置や現在契約している電力会社の解約手続きなどは全て運営会社のユビニティーが行います。

親指でんきは契約と解約の手続きがスマートなところが良いですね。

引っ越しをする場合は

もし引っ越し先で親指でんきに切り替える場合は、以下のことに気をつけて下さい。

  • 引っ越し先が電力供給エリアなのかを確認する。
  • 入居予定日に合わせて電力供給開始日を決める。
  • 引っ越し先が集合住宅の場合は、契約可能な建物かを確認する。

マンションやアパートは条件により契約が可能

現在、マンションやアパートにお住まいで、電力会社と直接契約しているのであれば、賃貸であっても親指でんきに切り替えることは可能です。

ただ、建物全体が電力会社と一括で契約している場合には、個別で電力会社を切り替えることはできません。

新電力に切替える際には、事前に確認をしておきましょう。

電源構成

電力会社を切り替えることで、電気の不安定供給停電がリスクだと思われがちです。

もし現在の電力会社から親指でんきに切り替えても、地域の電力会社の送電線から電気は供給されますので、電気が不安定になったり停電しやすくなるといったことは起こらないようです。

万が一、不測の事態が起こっても、地域の大手電力会社が送電をカバーしてくれるので心配ありません。

工事費

親指でんきに切り替える場合、自宅の電気メーターを「スマートメーター」に交換する必要があります。

その際に立ち合いは必要ありません。
工事費は無料です。

すでにスマートメーターがある場合は工事は発生しません。

まとめ

親指でんきは運営会社のユビニティーの事業体質がベースとなっていて、余計なコストをカットして「4つの0」や格安料金を実現しています。

サービス面は若干あっさりしていてもの寂しいですが、今年開始したばかりですので今後のサービス展開に期待できます。

全国に提供エリアがあることも魅力的ですので、おすすめできる電力会社です。

ページ 1
新電力の評判や口コミについて紹介しているページです。じゆうでんきでは、電力自由化の基礎知識や電力会社の選び方、新電力会社の特徴や電気料金の節約方法などの情報を紹介しています。Looopでんきや東京ガス電気、ENEOSでんきをはじめとした新電力の申し込み方法や解約についてなどの基本的な情報をはじめ、料金や評判、メリット・デメリットの比較情報もお届けします。