一般家庭の電気代って平均いくら?世帯人数別の電気料金|【電力自由化】新電力の評判・比較まとめ

評価:3.88 - 8件の票数
更新日:2018/10/19

家計を見直す決心をしてまず考えるのは「電気代の節約」ではないでしょうか。ネットでも多くの節約術は公開されており、取り組みやすい方法かもしれません。

しかし、実際に節約する方法が分かったとしても、何か基準となるものがなくては効率的に進めることが難しくなってくるはず。そんな方に一般家庭の電気代を紹介していこうと思います。

他の家庭で使用されている電気代の平均が分かれば、おのずとあなたが目指すべきゴールが見えてきます。

総務省統計局の家計調査を参考にしたデータから、世帯人数別で平均の電気料金を割り出しました。節約するのであれば最低でも平均以下の電気代にできるよう頑張ってください。

10月限定!業界唯一3,000円のキャッシュバック!
『面倒な手続き不要!電気の切り替えでオススメの窓口』

2018年人気NO.1のLooopでんき

Looopでんきは基本料金が0円なだけではなく、契約期間の縛りや解約金もありません。

基本料金0円ということは、それだけで毎月1,000円近く安くなるということ。

私も毎月1,000円ちかく安くなり満足していますし、正直、2018年10月の時点でLooopでんきよりお得な新電力はないと思います。

1ヶ月試してみてもし安くならなければ元の電力会社に戻せばいい話。(無料で戻せます。)

申し込んだ後にすぐに解約している人の口コミがないのはサービスに満足されている証拠でしょう。

※電気の使用量が増える冬までに切り替えたい方へ

Looopでんきは人気なので切り替え手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても0円で解約できますし、10月限定で下記窓口から申し込むと3,000円のキャッシュバックが受け取れます

検討中の方は10月中の申し込みをおすすめします。

となりの家庭は電気代いくら?

電気代の節約を考えている時に、他人のお宅にお邪魔したりして自分より電気を自由に使っていると、「電気代いくらなんだろう?」という疑問が生まれてくると思います。でも、さすがに電気代いくらなの?と聞くわけにはいかないし、気になって眠れなくなるかもしれませんw

一般家庭の電気代平均額

一般家庭の電気代平均額

電気代を節約したい!と思っているあなたは、毎月くる請求ははたして高い方のか?それすら曖昧ではありませんか?

一人暮らしの方と4人家族の方では使用する電気量は違うため、人数が多いほど電気代も比例して増えていくものです。

その為、世帯人数別で平均となる電気代を紹介しますが、太陽光発電システムやエコキュートなどは設置していない住宅での電気代となります。

▼世帯人数別の電気代平均(月)

 月 2012年 2013年 2014年
単身世帯 5,141円 5,482円 5,565円
 2人世帯 8,811円 9,275円 9,830円
 3人世帯 10,210円 10,849円 11,406円
 4人世帯 11,130円 11,819円 12,152円
 5人世帯 12,788円 12,508円 13,512円
 6人世帯 15,410円 15,665円 16,663円
 平均 8,698円 9,118円 9,472円

▼世帯人数別の電気代平均(年)

 年 2012年 2013年 2014年
単身世帯 61,692円 65,784円 66,780円
 2人世帯 105,732円 111,300円 117,960円
 3人世帯 122,520円 130,188円 136,872円
 4人世帯 133,560円 141,828円 145,824円
 5人世帯 153,456円 150,096円 162,144円
 6人世帯 184,920円 187,980円 199,956円
 平均 104,376円 109,416円 113,664円

総務省統計局の家計調査及び価格コムにあったデーターを元に作成しましたが、世帯人数に関係なく電気代が上昇しているようです。

その理由は福島第一原発事故で稼働できなくなった原発の代わりに、再生可能エネルギー(太陽光や風力など)が増えたことなどが要因となり、電気料金の値上げが全国で相次ぎました。その結果、使用する電気量が上昇しているようです。

今後も再生可能エネルギーを中心に供給していく時代となるので、年々電気代が上がっていく事は予想できます。今こそ正しい節約術を実践する時であり、地球に優しくお財布にも優しい生活をしていきましょう。

まずは3大節約術をはじめよう

電気代の節約をはじめる

3大節約術といっても私が勝手にネーミングしただけなので、検索しても情報は出てこないことは予めご了承ください。

さて、大幅に電気代を節約することができる3大節約術とは以下のことを指します。

  • 料金プランの見直し
  • アンペアを下げる
  • 電力会社の乗り換え

既に節約を開始している方であれば「そんなこと知ってるわ!」と怒られそうな内容ですが、当たり前の事に思えて以外に実践している世帯は少ないように感じます。

キャッシュバックがもらえるおすすめの申し込み窓口

電力会社の乗り換えでキャッシュバックがもらえる申し込み窓口はほとんどありません。

下記窓口から申し込むと10月限定で3,000円のキャッシュバックが受け取れます。

おすすめの理由
●3,000円のキャッシュバックがもらえる!
●複雑な条件は一切なし!
●利用環境に適した電力会社を紹介してくれる!
●利用者の評判が良い!

LooopでんきやENEOSでんきなどの人気の電力会社をはじめ、ご利用環境に適した電力会社を紹介してくれます。

基本的に電力会社の公式サイトから申し込むとキャッシュバックはありません。

電気の申し込みだけで3,000円のキャッシュバックが受け取れるので、下記窓口がおすすめです。

※電気の使用量が増える冬までに切り替えたい方へ
切り替え手続きが混み合う場合があります。

電気の切り替えは基本的にいつ解約しても違約金などかからないので10月中の申し込みをおすすめします。

まとめ

世帯人数別の平均と、あなたが使用している電気代と比較してどうでしたか?平均より高い方は無駄な使い方を改めていく必要がありますし、低い場合でも更に節約することは可能です。

電気代を安く」をモットーに様々な節約術を公開しているので、今後あなたの生活が少しでも豊かになるお手伝いができれば幸いです。当サイトだけで電気に関してはすべての情報を詰め込んでいくので、辞書のように利用してもらうため更新に励みます。

役に立ったよ!と思っていただけたなら、SNSでのシェアやブックマークをよろしくお願いします。

評価:3.88 - 8件の票数

おすすめはLooopでんき

自宅の電気を「Looopでんき」にしてから1年が経過しました。

公式サイトで案内されている通りの料金になり、毎月1,000円安くなったのでとても満足しています。

心配だったトラブルもなく、私のように月々の電気代を見直して少しでも貯蓄にまわしたいという方に本当におすすめできるサービスです。

10月31日迄に下記から申し込むと3,000円のキャッシュバックが受け取れます。

10月限定!3,000円キャッシュバック

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

一般家庭の電気代平均・世帯人数別の電気料金について紹介しているページです。じゆうでんきでは、Looopでんきや東京ガス電気、ENEOSでんきをはじめとした新電力の申し込み方法や解約についてなどの基本的な情報はもちろん、料金や評判、メリット・デメリットの比較を、電力自由化についてあまり詳しくない方でもわかりやすく電力会社選びに役立つ情報をまとめています。