あしたでんきの口コミ・評判!Looopでんきよりお得な電力会社です!|【電力自由化】新電力の評判・比較まとめ

評価:3.84 - 45件の票数

当サイトでも申し込みが急増しているあしたでんきは東京電力の子会社が提供する新電力です。

調べて思ったのはLooopでんきととても似ているということ。

当サイトでも申し込みが急増していて

文句なしにおすすめできる新電力です!!

この記事で紹介している内容
●あしたでんきのメリット・デメリット
●既存の電力会社との料金比較
●あしたでんきの基本情報
●Looopでんきとの比較

東京電力の新電力ということで話題性も抜群のあしたでんき。

実際に安くなるのか?どんなメリットがあるのか?

わかりやすくまとめてありますので、ぜひ最後までご覧ください。

10月限定!業界唯一3,000円のキャッシュバック!
『面倒な手続き不要!電気の切り替えでオススメの窓口』

新電力の『あしたでんき』がおすすめ

あしたでんきは東京電力100%の子会社です。

基本料金が0円なので、毎月1,000円前後かかっていた基本料金分の金額がまるっとお得になるのが魅力ですね。

よく比較されるLooopでんきよりも従量料金が安いのも人気の理由でしょう。

また、解約金・違約金も0円なのでいつでも気軽に解約できます。

元の電力会社に戻すことも簡単にできるので、お試し感覚で契約する方も多く、2018年10月現在申し込み者が急増しています。

※電気の使用量が増える冬までに切り替えたい方へ

使用量の増える冬に向けて手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金もかからないので、10月中の申し込みをおすすめします。

あしたでんきのメリット

まずはあしたでんきのメリットからご覧ください。

Looopでんきより安い

電気料金の内訳は大きくわけて2つ。

基本料金と従量料金です。

この後、詳しく説明しますが、あしたでんきはLooopでんきより安いんです。

業界初、基本料金0円・従量料金一律をかかげているLooopでんきと同じく基本料金は0円。

全てのエリアで従量料金がLooopでんきより0.5円安くなっています。

今、Looopでんきを契約されている方はあしたでんきに切り替えたら、使用量×0.5円分安くなるということですね。

基本料金が0円

基本料金とは電気の使用量に限らず毎月かかる料金です。

料金は契約アンペア数によって変わります。

あしたでんきは基本料金が0円なんですね。

基本料金が0円を掲げている新電力はいくつかありますが、その中でも圧倒的に人気なのがLooopでんきでしょう。

あしたでんきはLooopでんきにとっても似ています。

むしろ対抗していると言っても良いでしょう。

そこそこ電力自由化について調べている人だったら、「Looopでんきを意識してる」とわかると思います。

とりあえず、基本料金が0円というのが一点。

2つ目の共通点は続きをご覧ください。

従量料金も一律

従量料金とは、電気の使用量に応じて変動する1kWhあたりの料金単価です。

基本的に三段階に分かれていて、使用量がふえれば1kWhの単価もあがります。

あしたでんきは従量料金が一律なんです。

ふつうだと、電気の使用量が増えれば電気代は高くなりますが、従量料金が一律だと既存の電力会社に比べてかなりお得になります。

従量料金が一律な新電力はいくつかありますが、Looopでんきもその一社です。

どのエリアでもLooopでんきより0.5円安く設定しているあたりを考えると、対抗心が伺えますね。

新電力は次々と新しいプランやキャンペーンがリリースされるので、今後のLooopでんきの動向にも注目したいと思います。

あしたでんきのデメリット

セット割のサービスがない

今や新電力に切り替えて料金が安くなるのは当たり前。

各社既存のサービスをいかして顧客争奪合戦を繰り広げています。

ENEOSでんきの場合⇒ガソリン代の割引
HTBエナジーの場合⇒旅行代金の割引

あしたでんきは2018年3月29日から申し込みがはじまったばかりの新しい新電力ですが、今のところセット割などのサービスはないみたいです。

基本料金0円、従量料金一律にくわえてセット割りなどのサービスが追加されると人気が一気に加速しそうですね。

供給エリアが限られている

あしたでんきの供給エリアは以下のエリアになります。

●東京
●東北
●中部
●関西
●中国
●九州

北海道、四国、北陸、沖縄エリアには供給していません。

今後エリアは拡大される可能性はありますが、電気の使用量が多い北海道エリアなどにも供給したら需要がありそうですね。

良いサービスだけに今後のエリア拡大に期待しましょう。

新電力の『あしたでんき』がおすすめ

あしたでんきは東京電力100%の子会社です。

基本料金が0円なので、毎月1,000円前後かかっていた基本料金分の金額がまるっとお得になるのが魅力ですね。

よく比較されるLooopでんきよりも従量料金が安いのも人気の理由でしょう。

また、解約金・違約金も0円なのでいつでも気軽に解約できます。

元の電力会社に戻すことも簡単にできるので、お試し感覚で契約する方も多く、2018年10月現在申し込み者が急増しています。

※電気の使用量が増える冬までに切り替えたい方へ

使用量の増える冬に向けて手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金もかからないので、10月中の申し込みをおすすめします。

あしたでんきの料金比較

あしたでんきと既存の電力会社との料金を比較しました。

●使用量が少ない方
●一般的な使用量の方
●使用量が多い方

それぞれの使用量を想定して具体的な金額を比較してみました。

※あしたでんきには標準プランとたっぷりプランがあります。たっぷりプランは基本料金が3,000円かかりますが、従量料金が安く設定されています。

東京電力エリア

 標準たっぷり東京電力
10A
0円
3000円
280.80円
15A
0円
3000円
421.20円
20A
0円
3000円
561.60円
30A
0円
3000円
842.40円
40A
0円
3000円
1,123.20円
50A
0円
3000円
1404.00円
60A
0円
3000円
1,684.80円
~120kwh
25.50円
21円
19.52円
120~300
25.50円
21円
26.00円
300~
25.50円
21円
30.02円

●30Aの契約で150kWh使用した場合

標準⇒3,825円
たっぷり⇒6,150円
東京電力⇒3,965円

●40Aの契約で400kWh使用した場合

標準⇒10,200円
たっぷり⇒11,400円
東京電力⇒11,148円

●40Aの契約で700kWh使用した場合

標準⇒17,850円
たっぷり⇒17,700円
東京電力⇒20,154円

東北電力エリア

 標準たっぷり東北電力
10A
0円
3000円
324.00円
15A
0円
3000円
486.00円
20A
0円
3000円
648.00円
30A
0円
3000円
972.00円
40A
0円
3000円
1296.00円
50A
0円
3000円
1620.00円
60A
0円
3000円
1944.00円
~120kwh
25.50円
21円
18.24円
120~300
25.50円
21円
24.87円
300~
25.50円
21円
28.75円

●30Aの契約で150kWh使用した場合

標準⇒3,825円
たっぷり⇒6,150円
東北電力⇒3,907円

●40Aの契約で400kWh使用した場合

標準⇒10,200円
たっぷり⇒11,400円
東北電力⇒10,836円

●40Aの契約で700kWh使用した場合

標準⇒17,850円
たっぷり⇒17,700円
東北電力⇒19,461円

中部電力エリア

 標準たっぷり中部電力
10A
0円
3000円
280.80円
15A
0円
3000円
421.20円
20A
0円
3000円
561.60円
30A
0円
3000円
842.40円
40A
0円
3000円
1123.20円
50A
0円
3000円
1404.00円
60A
0円
3000円
1684.80円
~120kwh
25.50円
21円
20.68円
120~300
25.50円
21円
25.08円
300~
25.50円
21円
27.97円

●30Aの契約で150kWh使用した場合

標準⇒3,825円
たっぷり⇒6,150円
中部電力⇒4,076円

●40Aの契約で400kWh使用した場合

標準⇒10,200円
たっぷり⇒11,400円
中部電力⇒10,916円

●40Aの契約で700kWh使用した場合

標準⇒17,850円
たっぷり⇒17,700円
中部電力⇒19,307円

関西電力エリア

 標準たっぷり関西電力
基本料金
0円
3000円
327.65円

15~120kwh
21.50円17円
19.76円
120~300
21.50円17円26.19円
300~
21.50円17円29.94円

●150kWh使用した場合

標準⇒2,903円
たっぷり⇒5,295円
関西電力⇒3,188円

●400kWh使用した場合

標準⇒8,278円
たっぷり⇒9,545円
関西電力⇒10,111円

●700kWh使用した場合

標準⇒14,728円
たっぷり⇒14,645円
関西電力⇒19,093円

中国電力エリア

 標準たっぷり中国電力
基本料金
0円
3000円
331.23円


15~120kwh
23.50円
19円
20.40円
120~300
23.50円
19円
26.96円
300~
23.50円
19円
29.04円

●150kWh使用した場合

標準⇒3,173円
たっぷり⇒5,565円
中国電力⇒3,282円

●400kWh使用した場合

標準⇒9,048円
たっぷり⇒10,315円
中国電力⇒10,230円

●700kWh使用した場合

標準⇒16,098円
たっぷり⇒16,015円
中国電力⇒18,942円

九州電力エリア

 標準たっぷり九州電力
10A
0円
3000円
291.60円
15A
0円
3000円
437.40円
20A
0円
3000円
583.20円
30A
0円
3000円
874.80円
40A
0円
3000円
1,166.40円
50A
0円
3000円
1,458.00円
60A
0円
3000円
1,749.00円
~120kwh
22.50円
18円
17.19円
120~300
22.50円
18円
22.69円
300~
22.50円
18円
25.63円

●30Aの契約で150kWh使用した場合

標準⇒3,375円
たっぷり⇒5,700円
九州電力⇒3,618円

●40Aの契約で400kWh使用した場合

標準⇒9,000円
たっぷり⇒10,200円
九州電力⇒9,876円

●40Aの契約で700kWh使用した場合

標準⇒15,750円
たっぷり⇒15,600円
九州電力⇒17,565円

あしたでんきは標準プランがおすすめ

シミュレーションをしてみて標準プランがおすすめだと思いました。

あしたでんきの公式サイトには、700kWh以上つかう方はたっぷりプランがおすすめだと書いてあります。

実際に700kWhでシミュレーションした結果、どのエリアでも標準プランより100円~150円くらいしか安くなりませんでした。

700kWh以上使う方だったら安くなりますが、重要なのは毎月平均して700kWh以上つかうかどうか。

電気の使用量は季節によって大きく変わります。

900kWhくらい必ず使うということは標準プランよりたっぷりプランの方がお得になりますが、700kWh使うか使わないかくらいの方はおすすめできませんね。

基本料金が3,000円かかるのでせっかく使用量の多い月に節約できても、電気を使わない月は既存の電力会社より高くなってしまう可能性があります。

電気をたくさん使う月でも700kWhくらいという人には標準プランをおすすめします。

新電力の『あしたでんき』がおすすめ

あしたでんきは東京電力100%の子会社です。

基本料金が0円なので、毎月1,000円前後かかっていた基本料金分の金額がまるっとお得になるのが魅力ですね。

よく比較されるLooopでんきよりも従量料金が安いのも人気の理由でしょう。

また、解約金・違約金も0円なのでいつでも気軽に解約できます。

元の電力会社に戻すことも簡単にできるので、お試し感覚で契約する方も多く、2018年10月現在申し込み者が急増しています。

※電気の使用量が増える冬までに切り替えたい方へ

使用量の増える冬に向けて手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金もかからないので、10月中の申し込みをおすすめします。

あしたでんきの基本情報

あしたでんきの基本的な情報を簡潔にまとめました。

供給エリア

東京
東北
中部
関西
中国
九州

今後供給エリアは拡大された場合、追加していきます。

解約金

いつ解約しても違約金などはかかりません。

契約縛りをつけて違約金(2,000円)が発生する新電力もあるので良心的だと思います。

支払い方法

クレジットカードのみになります。
(VISA、MasterCard、JCB、American Express)

口座振替や、コンビニ払いには対応していません。

電源構成について

公式ホームページには、いくつかの太陽光発電所と提携している情報が掲載されています。

詳しい情報はまだ明らかにされていませんが、太陽光発電などの再生可能エネルギーを供給することを考えているとやはりLooopでんきを強く意識していると思ってしまいますね。

申し込み方法

あしたでんき公式サイトから申し込めます。
申し込みはこちら

マンションでも申し込める

マンションでも申し込めます。

ただし、住んでいるマンションで一括契約をしている場合は申し込めません。

詳しくは管理組合に確認しましょう。これから引っ越しをされる方も事前の確認を忘れないようにしましょう。

問い合わせ方法

自動返信の問い合わせページが用意されています。
ただ、あまり明確な答えは返ってこないので、電話で問い合わせることをおすすめします。
※契約後、停電などに対する問い合わせも以下の番号になります。

●電話
0120-554-247
9:00~17:00

●WEBフォーム
WEBからの問い合わせはこちら

電気の使用状況の確認

マイページから毎日の使用状況をグラフや表で確認できます。

どこの新電力にもあるサービスで、あしたでんきのメリットではありません。

契約期間

1年間の自動更新
ただ、解約金(違約金)などはかからないのでいつでも解約できます。

検針票は発行されない

有料(100円くらい)で検針票を送ってくれる新電力もありますが、あしたでんきの料金の確認はマイページからの確認になります。

あまりインターネットを利用しない人はちょっと面倒かもしれませんね。

料金プランの変更

プランの変更はできます。

標準プランからたっぷりプランに変更したい場合、マイページより変更できます。

変更プランの適用は次回の検針日以降になります。

新電力の『あしたでんき』がおすすめ

あしたでんきは東京電力100%の子会社です。

基本料金が0円なので、毎月1,000円前後かかっていた基本料金分の金額がまるっとお得になるのが魅力ですね。

よく比較されるLooopでんきよりも従量料金が安いのも人気の理由でしょう。

また、解約金・違約金も0円なのでいつでも気軽に解約できます。

元の電力会社に戻すことも簡単にできるので、お試し感覚で契約する方も多く、2018年10月現在申し込み者が急増しています。

※電気の使用量が増える冬までに切り替えたい方へ

使用量の増える冬に向けて手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金もかからないので、10月中の申し込みをおすすめします。

アンペア変更はできる

アンペア変更はお問い合わせのWEBフォームからできます。

あしたでんきの口コミ・評判

はじまったばかりのサービスなので、口コミが少ないです。随時追加していきます。

60Aでも基本料金が同じなのはすごい

あしたでんきの特長は基本料金が0円だということ。

●東京電力で60Aを契約した場合を比較

東京電力⇒1,684円
あしたでんき⇒0円

基本料金だけでもあしたでんきの方が1,684円お得になります。

たっぷりプランの場合は契約アンペア数に関係なく3,000円かかりますが、その分従量料金が安くなるので700kWh以上使う方にとってはお得になります。

Looopでんきもあしたでんきも、やっぱり基本料金0円っていうのは大きなメリットです。

Looopでんきより0.5円安い料金設定

あしたでんきはLooopでんきをかなり意識しているといった投稿です。

●基本料金が0円
●従量料金一律
●Looopでんきより0.5円従量料金安い

以上のことから考えてLooopでんきを意識していると思われて当然ですね(笑)

新電力のシェアをぐんぐん伸ばしていて評判もよいLooopでんきに東電から乗り換えている方もたくさんいると思います。

実情はわかりませんが、これ以上顧客を取られる前に手をうつために出てきた新電力があしたでんきではないでしょうか。

安さに定評のあるエルピオでんきと比較される

料金の安い電力会社といったらまず名前があがるのがエルピオでんきです。

基本料金と従量料金ともに安く設定されています。

あしたでんきとどちらが良いのか?迷う方も多いと思います。

あしたでんきは基本料金が0円。従量料金が一律がメリットですが、従量料金だけでみるとエルピオでんきの方が安いです。

どちらに切り替えたのか気になるところですが、この方のように契約アンペア数や使用量まで想定してシミュレーションしてみることをおすすめします。

ENEOSでんきから切り替える人

新電力の中でも大手のENEOSでんきからあしたでんきに切り替える人がいました。

ENEOSでんきはガソリンの割引やポイントサービスが受けられますが、それよりも料金が安い方が良かったのでしょう。

新電力の中にはセット割などのサービスを提供しているところが多いですが、正直あまりお得はありません。

サービスにばっちりはまった利用環境の方であればお得感はあるかもしれませんが、あまり期待しない方がいいです。

シンプルに料金が安くなるのはどこなのか?が一番重要だと思います。

あしたでんきとLooopでんきの比較

簡単に表にまとめました。

 あしたでんきLooopでんき
基本料金0円0円
従量料金一律一律
提供エリア北海道×
北陸×
四国×
沖縄×
支払い方法クレジットのみクレジットのみ
解約金なしなし

こうしてみると、2018年4月の時点ではほとんど同じだということがわかります。

今後、両社がどのようなサービスを仕掛けてくるのかとても楽しみですね。

まとめ

以上、あしたでんきについてでした。

Looopでんきに対抗心剥き出しの新電力。

顧客離れがすすむ東京電力がついに本気を出してきましたね。

まだ、提供されて間もないサービスなので追加情報など随時更新していきますね。

評価:3.84 - 45件の票数

10月限定!3,000円キャッシュバック

電気の切り替えでキャッシュバックがもらえる窓口はほとんどありません。

LooopでんきやENEOSでんきなどの人気の電力会社をはじめ、ご利用環境に適した電力会社を紹介してくれます。

電気の申し込みだけで3,000円のキャッシュバックが受け取れるので、安心して申し込める窓口です。

10月限定!3,000円のキャッシュバック

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

あしたでんきの口コミ・評判について紹介しているページです。じゆうでんきでは、Looopでんきや東京ガス電気、ENEOSでんきをはじめとした新電力の申し込み方法や解約についてなどの基本的な情報はもちろん、料金や評判、メリット・デメリットの比較を、電力自由化についてあまり詳しくない方でもわかりやすく電力会社選びに役立つ情報をまとめています。