新電力「日本アルファ電力」に乗り換えはおすすめなのか?

評価:2.81 - 21件の票数
新電力(PPS)日本アルファ電力とははおすすめか?

家庭向けの電力自由化によって大手電力会社(東電など)から乗り換えることが可能となり、現在の電気料金を大幅に安く利用することができます。

しかし、どの新電力(PPS:特定規模電気事業者)でも良い訳でなく、各家庭のライフスタイルに合わせた料金プランを設定しているところを選ばなければいけません。

お得に契約するポイントはいくつかありますが、まずは電力を供給する事業者の事を知っておくことをおすすめします。

それでは新電力「日本アルファ電力」への乗り換えで電気料金を安く抑えることが可能なのか検証していきます。

新電力の日本アルファ電力とは?

新電力の日本アルファ電力は会社設立と同時で「特定規模電気事業者(PPS)」の届出をし、電力の販売事業がメインとしている企業です。三井住友銀行、大手量販店などと資本提携しており、自社だけの販売力というよりは他社との共同事業として進めているように感じます。

今のところ発電設備を所有している事業者から電力を買い取り、電気代を安くしたいと考えているオフィスビルや公共施設など、大口顧客向けに安価な電力を販売しています。

日本アルファ電力に乗り換えて電気代は安くなるのか?詳しく確認していきましょう。

会社概要

社名 日本アルファ電力株式会社
設立 2012年4月
所在地 東京都千代田区丸の内二丁目5番2号 三菱ビル11階
代表者 若濱 真之介
資本金 1億6,000万円
従業員数 35名
主要株主
  • みずほ証券グループ
  • 三井住友銀行グループ
  • 大手量販グループ
  • 経営陣他

主要株主の「大手量販グループ」がどの量販店なのか気になりますが、最近、家電を購入しにいくと電力事業に力を入れているのがはっきりと分かります。私の予想ですが、量販店内で太陽光などの販売をよく見かけますが、そういったブース提供をしてもらっているのかもしれません。

問い合わせ先

WEBでの問い合わせ 問い合わせページ
電話番号 03-5050-1888
FAX番号 不明

これまでの実績

特定規模電気事業者(PPS)への届出が2012年と新しい企業の為、実績として紹介するほどの電力供給はまだありません。変わりに同社が予想している事業推移を紹介します。

日本アルファ電力の事業推移

上記図は日本アルファ電力の公式HPに掲載されています。少し極端な推移にも感じますが・・

家庭向けの電力供給は?

一般家庭向けの電力供給には「小売電気事業者」の申請が必要となりますが、2015年10月8日に経産省の登録事業者一覧にも登録され、2016年4月から事業開始予定となっています。以下は同社が予想する家庭向け電力事業の推移です。

日本アルファ電力の家庭向け電力事業推移

2016年~2017年の伸び率がすごいことになっていますが、家庭向けの電力販売を本格的に開始するのは2017年からと予想されます。

日本アルファ電力の強み

新電力の中では実績があまりない企業であるため、現段階では他社と比較して強みとなるポイントは見出せません。家電量販店などと資本提携しているので、その辺の絡みがどのようなメリットとして加えられるのか?注目しておきましょう。

電力供給エリア

  • 沖縄を除く全国の電力エリア

新電力の供給エリアは自社で発電所を所有していなくても、大手電力会社(東電など)や発電設備を所有している企業などから電力を仕入れれることで、基本的にどのエリアでも販売する事が可能となります。

下記でも説明しますが、日本アルファ電力は自社所有の発電所はないので、企業などの余剰電力を仕入れて販売する新電力です。

自社所有の発電所

  • 特になし

日本アルファ電力のメリット

  • 大手量販店とセット販売

大手量販店とお得なプランを実施する可能性がありますが、それ以外のメリットは本格的に開始してからとなりそうです。ただ、大手新電力となる企業と競争していくには、料金を安価にしたりキャッシュバックを高額にするなどの施策が必要となるため、お得なプランで販売する可能性は高いです。

まとめ

一般家庭向けの電力販売を開始する「日本アルファ電力」について紹介しましたが、エネットのような大企業が運営を行う新電力から、同社のような小規模な企業もあることは把握しておく必要があります。

企業の大小や信頼性だけで電力の乗り換えを決めてしまう人も多いでしょうが、利用する電力の質に違いはなく電気代を支払う会社が違うだけです。よりメリットのある業者を選ぶには「信頼性・料金・プラン・キャンペーン」など様々な比較は必須です。

乗り換えを検討する際はより多くの情報を収集し、あなたに適した新電力を選びましょう。

評価:2.81 - 21件の票数

コメントを残す

*