ハルエネでんきの代理店ならおすすめの会社があります

評価:4.10 - 10件の票数
ハルエネでんきの代理店募集

店舗や事務所の電気代を安くすることができる「ハルエネでんき」について先日更新しましたが、やはり実体験が一番の情報だと思い「申込み・契約」をすることにしました。

おそらくこの記事をご覧になっている方の中にも、申込みしたいけど窓口が分からない…ハルエネでんきを販売したいけど…といった人が多いかもしれません。

申込みしてみないと絶対に分からないことや、代理店を探している方にとっては有力な情報を詰め込んでいるので、興味ある方は是非活用されてください。

※対応してくれた方へ

長時間、電話での対応ありがとうございました。お伺いした内容を忠実に記載しているつもりですが、誤りがある場合は問い合わせからご連絡ください。

ハルエネでんき代理店「ゼロプラス」とは

今回、個人的に借りている事務所の電気を乗り換えましたが、「株式会社ゼロプラス」という会社でハルエネでんき正規代理店に申込みしました。なぜこの代理店を選んだのかは後々説明しますが、簡単に概要を説明しておきます。

会社概要

株式会社ゼロプラス

  • 会社名 :株式会社ゼロプラス
  • 所在地 :東京都品川区大崎5-4-3-4F
  • 電話番号:03-6421-7842
  • 会社設立:2015年5月28日
  • 事業内容:アプリ事業・メディア運営・デザイン事業・ブロードバンド事業
  • 会社HP:http://0-plus.jp/

ホームページを見ていただければ分かりますが、デザイン事務所のような作りになっていてとてもお洒落な感じです。ただ、設立から浅いため実績などはあまり確認できませんでした。

ハルエネでんき正規代理店

こちらの会社はハルエネでんきの正規代理店です。HPにも事業開始をアナウンスしていましたが、ハルエネに私が直接確認したので間違いありません。また、電気販売以外にもインターネット回線の販売などを行っているようです。

申込みは思っているより簡単

電力自由化で電力会社の乗り換えが可能となり、法改正された瞬間は盛り上がりを見せましたが、1ヵ月も経つとほとんど注目されなくなりニュースなどで見る機会はほとんどなくなりました。

その原因に「手続きが面倒そう」といったマイナスイメージが強いことがあります。しかし、ゼロプラスさんで申込みした私の感想は全く真逆で、こんなに簡単に終わるなら全員やった方がいいと感じました。

ほぼ手間なく切り替え手続き完了

  1. 代理店に電話して申込みの意思を伝える
  2. 専用の申込書を送ってもらい、記入したものと電気明細を郵送する
  3. 数日後、ハルエネから契約の確認電話がくる
  4. 不備がなければ手続き完了

記入して郵送する手間がありましたが、もちろん返送用封筒もありそこまで面倒と感じることもなく終わりました。申込みに要した時間は記入を含め「15分程度」だと思います。

電気明細(検針票)は必須

代理店の担当者さんに念を押されたのが「検針票の用意」です。これがないと契約が進まないようで、ないのであれば電力会社に電話して再送してもらわないといけません。ただ、直近の明細でなくても6ヵ月ぐらい前のものでも問題ないようなので、申込みされる方は前もって準備しておきましょう。

申込みできる法人・みなし法人の条件

ハルエネでんきは法人・みなし法人だったら条件なしに契約できる訳ではありません。

  • 月の電気代が30,000円以上
  • 契約電流が40~60Aまたは契約容量が6~50kVAの電灯契約(ハルエネ公式HPより)

「なぜ30,000円以上なの?」と感じたでしょうが、私の予想はそれ以下だとハルエネが利益を確保できないからだと思います。この件については教えてくれなかったのであくまで予想ですが・・。

契約プランに関しては毎月届く明細を見てもらえれば記載があります。代理店さんでは調べることができないので、ご自身で確認してから申込みするようにしましょう。

電気代以外にもメリットがある

携帯電話やネット回線の契約では「キャッシュバック」が当たり前ですが、電気の乗り換えは始まったばかりで実施しているところはほぼありません。しかし、ゼロプラスでは電気代の削減以外にキャッシュバックをもらえるメリットがあります。

「金額だけは記載しないで」と言われたので伝えられませんが、ネット回線などでもらえるぐらいと思っていれば裏切られた気分にはならないはずです。また、申込みが完了してから切り替わるまで2カ月程度掛かるようですが、最短3ヵ月でキャンペーンの受取りができるようです。

代理店として販売する会社にもおすすめ

ハルエネでんきの代理店

この記事を見ている方の中に「電気の販売事業を始めたい」と思っている人もいるでしょう。ただ、販売するにはハルエネと代理店契約をしなければならず、面倒な契約するほどでは…と断念してしまうケースが多いはずです。そういった方に朗報となる情報を紹介させてもらいます。

高額インセンティブの業務委託契約

個人的に事務所の切り替えを申込みしましたが、内容を聞いて「自分でも販売できる」とすぐ思いました。その事を担当の方に相談してみると…二言返事で是非!との回答を頂きました。

そして先日、業務委託契約を交わするのが終わり、自宅に提案する時の書類などが届きました。その中にインセンティブを記したものがあり、こんなにもらえる?と目を疑いたくなる金額が並んでいました。

ただ、「ハルエネでんき 代理店募集」と検索すると代理店がいくつかヒットし、相場を分かっていないので念のために確認することにしました。そうすると・・

他より30%ほど高額なインセンティブであることが分かりました。

販売先は無限に存在する

通信インフラの事業を行っている会社は、商材があっても販売先に困っていることが多いのではないでしょうか?その為、訪問販売やテレマーケティングで飛び込み営業するしか販売手法がなく、どんどん枯渇して事業撤退…といった経験をされた方も多いはずです。

しかし、ハルエネでんきを販売できるところは枯渇するとは思えないほど幅広く、事業を始める会社にとっては計画が立てやすい商材なのは間違いありません。

ちなみにゼロプラスの方が対象と言っていたのは・・

  • 法人・個人事業主の事務所
  • 飲食店(ラーメン屋・居酒屋・バー・スナック・カラオケなど)
  • 商店(クリーニング店・タバコ屋・スーパー・八百屋など)
  • その他多数

法人または個人事業主で、毎月30,000円以上の電気代、契約プランの条件さえクリアしていればどんな商売でも対象になるようです。しかも、上記のようなところが枯渇することは考えにくく、事業さえ安定させれば将来的に安定したビジネスにすることが可能です。

また、切り替えた相手は電気代が安くなる、販売した方にはインセンティブが払われる。こんなWINWINな商売はそんなにないこともおすすめする理由のひとつです。

まとめ

今回紹介したゼロプラスという代理店をべた褒めしてるので、関係者と思われても仕方ないでしょうが一切無関係な事だけは信じてくださいw

実際に自分の事務所を申込みしてすごく親切な対応をしてもらい、今後、販売までさせて頂くことになりそうなので、単純に個人的な感想を述べただけのことです。伝え切れていないことあるので、もし気になる方は代理店さんに直接問い合わせしてください。

評価:4.10 - 10件の票数

コメントを残す

*